ウェブログ・ココログ関連

[コネタマ]疲れたときに欲しくなる飲み物

マックスコーヒーだろ…常識的に考えて…。
あの強烈な甘さは疲れたときに飲まずしていつ飲むのかと。

ジョージア マックスコーヒー 缶(250g×30本) ジョージア マックスコーヒー 缶(250g×30本)

販売元:くすりの勉強堂@最新健康情報
楽天市場で詳細を確認する

公式サイト http://www.georgia.jp/max/

コネタマ参加中: 疲れたときに欲しくなる食べ物・飲み物を教えて!

三度目のブログ通信簿

Tushinbo_20090215

久しぶりにブログ通信簿(http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo.rb)。
前回よりまた1歳若返った。GOODLUCK!!BABY!!のせいか?
…ないか…。

おすすめ職業が「ゴーストライター→アナウンサー→漫画原作者」と変化しているのはどういう意味があるんだろうか。なんか進歩してるのか?

今年のおみくじ結果

小吉。

学問…「雑念が多すぎる」

だって。フヒヒwサーセンwww

コネタマ参加中: おみくじ引いた? 2009年の運勢と抱負を教えて!

[コネタマ]来年の手帳

仕事には取引先がくれる一週間見開きタイプの手帳。片側は自由に使えるようになっているので便利。
プライベートは携帯電話のスケジューラーで十分(笑)

コネタマ参加中: 来年の手帳、どんなのにする?

ココロのパン缶を通販で

「ココロのパン缶」が通販で買えるようになりました。

ココロのパン缶、通販開始です! -ココロの広場

ゲーマーズの店舗で好評販売中の「ブログ妖精 ココロ」パン缶につきまして、なかなか手に入らない方や、遠地の方から通販のお問い合わせをいただき、この度アット・ニフティストアにて、ネット通販を開始しました!

送料がかかる代わりに、特典としてココロのパン缶バッチをおまけにつけました。ぜひぜひ、この機会にご利用ください。

商品名:@nifty特典付・「ブログ妖精 ココロ」パン缶3種セット
価格:2,394円(税込)
送料:420円

セット内容:「ブログ妖精 ココロ」パン缶3種(つぶつぶいちご味、チョコレート味、ミルク味)
特典:ココロのパン缶バッチ×3個+ひみつの缶バッチ×1個

このパン缶食べましたけど結構美味しいし、ココロ好きなら買っておいても良いと思いますよ。個人的おすすめはつぶつぶいちご。

特許製法で作り上げた長期保存可能なソフトパンパン・アキモト パンの缶詰(粒々イチゴ) 特許製法で作り上げた長期保存可能なソフトパンパン・アキモト パンの缶詰(粒々イチゴ)

販売元:ナジャ工房
楽天市場で詳細を確認する

↑これはココロのパン缶と中身一緒です。メーカー同じですし。

[コネタマ]今年のクリスマスケーキ、予約する?

誰もまだ言ってないみたいなので…今年もクリスマスは中止なので予約なぞしません。
なにやら資金繰りが悪化したためだそうです。( http://2chart.fc2web.com/2chart/2008nenhashikinguriakkadechuushidayon.html )
ケーキ自体は好きだけど。

コネタマ参加中: 今年のクリスマスケーキ、予約する?

ココロが検索をはじめたようです

ココロが検索のお手伝い!「ココロサーチ」がスタート -ココロの広場

このブログはココロがいなければ存在してないわけですが、またニフティがやってくださりやがりました(笑)

本日より、ニフティの検索サービス「@search」と「ブログ妖精 ココロ」のコラボレーション検索、「ココロサーチ」がスタートしました。あなたの検索を、ココロがお手伝いします!

「ココロサーチ」では、普通の検索のほかに、検索対象となるサイトを厳選した「ココロのおすすめサイト」専門検索をご用意しています。アニメやコミックなどを扱った厳選サイトのみから情報を探すことができるので、探したい情報にたどり着きやすくなっています。厳選サイトは、利用者の皆さまの推薦も受け付けています。ぜひご利用ください!

入力したキーワードによっては、ちょっぴりココロの反応が変わるかも?お楽しみに!

だそうです。これの偉いところは「ココロに教えてあげる」というフィードバックが行えることと、Firefoxの検索ボックスに追加できるところ。IE7はダメでした。

Firefoxを使っているといちいち検索サイトを開かずに検索ボックスから使いたい検索エンジンを選んで検索できてスマートなんですが、これまで緑のgooを使っていたのをココロサーチに乗り換えましたw 基本アニメ・ゲーム向きにチューンされているそうです。

ただし、デフォルトが「ココロのおすすめサイト」でWikipediaやはてなキーワードの結果が優先して表示されるので、その都度「ウェブ全体から」を選ばないと完全な検索が出来ないのがめんどくさい。どっちの設定を優先するかを記憶してくれるといいんだけど…。

記事を書くだけでお金が貰えるってのはあるけど…

口コミマーケティングをダメにしているのは誰か -IT Plus

企業がネットの口コミに積極的なのは、マスメディアを使った従来の広告に比べ「安くて効果がある」と考えられているためだ。口コミだから元手はほとんどかからない。人気のブログで取り上げられれば、それがまた別のブログで紹介されて話題性が高まる。

 消費者の好みが多様化し、マス広告への評価が揺らいでいることも背景にある。電通が毎年発表している「日本の広告費」によると新聞とテレビは3年連続して前年実績を下回った。多額の広告費を払ってメディアを通さなくても、影響力のあるブロガーにコンタクトすれば、 ターゲットとするネットユーザーに直接訴求することができる。結果もブログ記事や閲覧回数のように定量化して捉えることができる。

要するに不況で広告費削減の中、高いばかりでターゲットが分かりづらいテレビ・新聞よりもネットの方が安上がりと言う発想なわけだ。確かにその結果が数字で出ると言うことも社内営業的に極めて重要。

 ブログに書くことでブロガー自身が報酬を得る場合もある。これはペイパーポスト(Pay Per Post)サービスと呼ばれ、雑誌などにある「記事広告」に近い。PPPは企業からは根強いニーズがある。というのも「よかったら書いてください」とブロガーにお願いして書き込みがゼロでは困るが、PPPでなら確実にブログに書いてもらえ、「○件の書き込みがあった」と企業の担当者が上司に成果を報告できるためだ。

これはどうなんでしょうね。やりたい人はやればいいと思うけど、みんながこれを始めたらもうブログや掲示板自体を信用できなくなってしまう。少なくとも何かのレビューを読みたい場合、いかにしてこのPPPで書かれた記事を切り捨てるかという作業が必要。

「うそはうそであると見抜けない人には(掲示板を使うのは)難しい」とは2ちゃんねる管理人氏の名台詞だけど、これが「インターネットを使うのは難しい」に置き換わってしまいそう。もうそうなっているような気もするけど…。
(PPPで書かれた記事が嘘だと言ってるわけじゃないです)

記事を書く上で誰かから報酬を貰って書いていたら、それは仕事になってしまい、相手の期待に応えるようなものを書く義務が発生してしまう。それが公平か否か?おそらく否、いや断じて否。

PPPを利用してネット上に口コミをばら撒いている企業の発想は、大金をかけて広く訴求するマスマーケティングの発想そのものだ。ターゲットに価値ある情報を届け、より良い関係を築くためには地道な努力による、ブロガーとの関係強化や口コミを誘発する仕掛けを行うことが重要だ。

確かに。テレビ・新聞広告の安価な代替品という認識をしているんでしょう。私みたいな天の邪鬼にまで記事にして欲しいのなら、普通にいいものを作っていくしかないと思う。簡単にして、一番難しい答え。まあそもそも私はお呼びじゃないのはよーく分かってますが(笑)

もっとも私にしたってもし職場で安価かつ効果的な宣伝方法を考えろと言われたら「PPPというものがあります」とか言いそうなのも事実なんですよね。

流行なんてこんなもんだ (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 流行なんてこんなもんだ
「最近急に見なくなったけど、つい先日まで結構流行ってたよね?と思うものを上げてください」

ビリーズブートキャンプ。
秋葉原某所で本物がン千980円で投げ売りされてるのを見た時は諸行無常を感じました。
ビリーズブートキャンプ DVD版(ビリーバンド×1セット) ビリーズブートキャンプ DVD版(ビリーバンド×1セット)

販売元:ショップジャパン 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

最近買ったマンガ (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 最近買ったマンガ
「あなたが最近買ったマンガを教えて下さい。」

「ひだまりスケッチ」。

アニメ2期の「ひだまりスケッチ×365」を見て面白かったから。
こういうほんわか系って好き。みんな甲乙付けがたいけどやっぱりゆのっちがいいかなー。

吉野屋先生も面白くて好きだけど、担任だったら怖いな(笑)
ひだまりスケッチ (1) (まんがタイムKRコミックス) Book ひだまりスケッチ (1) (まんがタイムKRコミックス)

著者:蒼樹 うめ
販売元:芳文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひだまりスケッチ×365 Vol.1 【完全生産限定版】 DVD ひだまりスケッチ×365 Vol.1 【完全生産限定版】

販売元:アニプレックス
発売日:2008/09/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

より以前の記事一覧