« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

2010年1月10日 - 2010年1月16日

どちらが多く使われているのでしょうか? (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ どちらが多く使われているのでしょうか?
「ブラウザのTOPページはYahoo?Google?」

ここでまさかのマイニフティ。トップページでココロが出るから。あとWebメールの確認があるので。

ココロのひみつ日記(2010年1月16日)

「水上ライブ、気持ちいいですよね」

今日はゆかりんのライブらしいしねー

田村ゆかり Love Live*Dreamy Maple Crown* [DVD] DVD 田村ゆかり Love Live*Dreamy Maple Crown* [DVD]

販売元:キングレコード
発売日:2009/08/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

赤いファイルは重要の証

重要書類は“赤”――フォルダー全体が赤色、ライオン事務器の「重要案件フォルダー」 -誠Biz.ID

重要な書類は赤いフォルダーに――。ライオン事務器は、フォルダー全体が赤色の「重要案件フォルダー」を1月27日に新発売する。A4判の用紙をファイリング可能でサイズは255×311ミリ(縦×横)。10冊パックで価格は945円となっている。

ライオン事務器によると、「これまで、個別フォルダーはクリーム色や水色など、淡い色がほとんどだった」という。新たに発売する重要案件フォルダーは、全体が赤色なのでボックスファイルやキャビネットの中でも目立つため、「重要度の高さを感じさせられる」としている。

単純といえば単純は発想だけどなかなか実行できないんだよねこういうの。でも携帯とか財布とかなくしたら困るものにはこういう派手な色を選ぶというのはありだと思うし、こういう意味あるカラーバリエーションはもっと出てきて欲しい。

ココロのひみつ日記(2010年1月14日)

「ビクーニャってどこにあるの?」

ggrks
動物じゃん!w

ビクーニャ ショール VICUNA SHAWL /シングル ……送料無料…… ビクーニャ ショール VICUNA SHAWL /シングル ……送料無料……

販売元:e-ふとん屋さん
楽天市場で詳細を確認する

世界一滑らかな油性ボールペン、ぺんてるから

仕事耕具:世界で一番なめらかな――ぺんてるの油性ボールペン、新開発の低粘度インク採用 -誠 Biz.ID

ぺんてるは、“世界最低粘度”の油性ボールペン「VICUNA(ビクーニャ)」を2月に発売する。価格は157円。

 VICUNAは、従来製品の約40分の1となる「世界最低」(1月現在)粘度(240ミリパスカル秒※)のインクを採用した、なめらかな書き味が特長の 油性ボールペン。従来のインク粘度は1万ミリパスカル秒以上だった。「流れるようななめらかさを持った、従来のボールペンでは感じることのできない、最上質のボールペンを目指した」(ぺんてる)という。

ふむー。三菱鉛筆のジェットストリーム登場以来こういう低粘度の油性ボールペンが各社から出てるけど多分それ以上なんだろうな。でもかなりジェットストリームを買い込んでしまった(携帯用、自宅用、職場用…)からなぁ。リフィル交換して長く使う主義だし。まあ見つけたら買うかも。

ココロのひみつ日記(2010年1月13日)

「鰻が美味しかった♪」

うーなーぎー。食べたい食べたい(ジタバタ

★【うなぎ】の川水栄養満点♪♪国産うなぎ3食分!【送料無料】 ★【うなぎ】の川水栄養満点♪♪国産うなぎ3食分!【送料無料】

販売元:うなぎ蒲焼き専門工場 川口水産
楽天市場で詳細を確認する

ココロのひみつ日記(2010年1月12日)

「ほっそりした指ね、ってほめられた。ウキ」

ウキ?

01月11日のココロ日記(BlogPet)

サービスについて午後中、考えました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

iPhoneがなくてもなんとかなるんだよね案外

iPhoneやめました -ITmedia Business Media誠

これまで普通の携帯電話とiPhoneの2台持ちをしていた筆者は、この12月から普通の携帯を1台だけ持ち歩いている。約1年間iPhoneを使い、その魅力も十分理解した上で、それでもiPhoneをやめた理由とは……?

この記事は非常に有益です。iPhone、ひいてはスマートフォンを使わない理由がわかりやすく書いてある。

一応私はiPhoneは持ってないけどtouchは持ってます。あとはHT-03Aを使っているので、スマートフォンはある程度わかるつもり。

iPhoneを解約した理由はいくつかあるのですが、その最大のものは「(普通の)携帯が使えないと致命的なシーンはあったが、iPhoneが使えなくて致命的なシーンはなかった」に尽きます。また、アプリをインストールするたびに新しい使い方、楽しみ方ができるiPhoneは、おもちゃとしては最高に楽しかった。でも、1年間を振り返って「この機能がないと立ちゆかない!」というシーンが一回もなかったのもまた事実です。

これは私も感じます。新しいアプリを入れると機能が増えて驚きを与えてくれるけど、それはないと困るのか?というとそうでもなかったり。確かに高級なおもちゃだなぁw

あとはPCで出来ることが手のひらで出来るのがいい、というメリットがあります。これは悩みますけどねー。元記事の筆者はノートPCを持ち歩いているので足りる、と書いてますがさすがにこれは個人的には同意できないなー。ただでさえ大荷物になっちゃうし、どうしてもPCは起動時間がかかってしまうし。

片手でメールを打てないのはツライ
iPhoneではフリック入力をマスターすると文字の入力スピードが格段に上がります。私はいつも、左手でiPhoneを持ち、右手の人差し指で文字入力をしていました。つまり、両手を使わないと文字が入力できないのです。男性のiPhoneユーザーに尋ねると「右手の薬指と小指で本体を支え、右手の親指を使えば片手で入力できる」というのですが、落としそうで、私には無理。

それに対してケータイ(俗に言うガラケー。以下同じ)では片手で楽々打てると続くんですが、確かにiPhone(≒iPod Touch。以下同じ)は少し大ぶりなので女性には厳しいのかな。HT-03Aくらいだと問題ないと思うんですが、タッチパネルでの文字入力で戸惑うのはボタンを押した時、物理的に無反応なのでその感覚に慣れない・もしくはそれゆえに画面から目を離せないということか。

ナビ機能の精度、スピード
 2つめがナビ機能の使い勝手。私は極度の方向音痴で、仕事でも遊びでも、携帯のナビ機能が手放せません。iPhone 3GのGoogle Maps+GPSももちろん試したのですが、機能面でも精度の面でも、とても実用になるレベルとは言い難かったです(方向感覚がいい人ならこれで十分なのかもしれないですが……)。最新モデルのiPhone 3GSは電子コンパスが入っていますが、私が使っていたiPhone 3Gには電子コンパスが入っていないため、自分がどちらを向いて歩いているのか分からない。特に急いでいるときにはiPhoneのナビ機能を使うことはありませんでした。

ナビ機能自体使わないからちょっとコメントしづらいけど、本当に急いでいるときにナビを使うことは確かにない。当たりを見回して街路案内図を見たりした方が早い。「いまどこにいるのか」を知る機能としては有益ですけど、それ以上のものは求めないなぁ。

おサイフケータイはどうするの?
3つめの理由は「iPhoneではおサイフケータイを使えない」です。これはiPhone 3Gの発売前から言われていたことですし、またこの話をすると必ず「カードが入れられるケースを買って、オートチャージ対応のSuicaを入れればいいじゃないか」と反論される(参照記事)のですが、おサイフケータイのヘビーユーザーにとっては「それは解決策になっていない」のです。

これはスマートフォン全体に言えますな。記事中にもある通り、単に携帯電話で支払いができればいいというのはライトユーザーまでの話で、おサイフケータイを使い出すと画面と通信手段が一体化したFelicaというメリットを享受しようとすると、単にスマートフォンにFelicaを貼ればいいというもんでもないです。
特に使う前に残高を確認したり、必要であればオンラインでチャージをするというのはおサイフケータイでないと無理。あとはSuicaとEdy、iD、もしくはnanacoやWAONなど複数のサービスを使うのはカード型Felicaでは無理。複数枚持てばいいんでしょうけど、それはiPhoneにFelicaを貼りつける事自体を否定している。

Flashサイトが見られないとどう困る?
もう1つ、iPhoneをやめたあとに気がついたポイントがあります。
iPhoneにはWebブラウザの「Safari」が搭載されているため「携帯用のWebサイトをわざわざ見なくても、好きなだけPC用サイトを見ればいい」というのは、以前からよく言われていたことでした。
しかし、iPhoneのSafariは万能ではありません。Flashに対応していないため、実は「閲覧できないサイト」がいろいろあるのです。トップページをFlashにしているPC用サイトはたくさんありますし、さらに困るのが携帯用サイト。

 携帯電話は画面の解像度がまちまちなこともあり、携帯用サイトでFlashを多用しているコンテンツはたくさんあります。最近だと、mixiやGREE、モバゲーなどSNSが提供している携帯向けアプリ(ゲームが中心)はほぼすべてFlashです。そのためこれらの携帯向けゲームは、iPhoneで遊ぶことはできません。

スマートフォンにとってFlashは鬼門w Flashゲームは正直どうでもいいけど、スマートフォンのブラウザはPCのブラウザの完全な代替には成り得ないと言う事は再認識すべき。

iPhoneユーザーがmixiを閲覧する場合、多くの人はSafariではなく専用のアプリケーションを使います。mixiを閲覧するための iPhone向けアプリは複数ありますが、いずれもmixiボイスに対応していないため(12月24日現在。mixiボイスを読むiPhone用クライア ントについては右図参照)、従来通り日記やコミュニティを中心にmixiにアクセスするiPhoneユーザーは、mixiアプリやmixiボイスでの盛り 上がりが見えない、気付かない、ということが起きています。

これはある。mixiに限らず、スマートフォンでPC用サイトが見られるとは言っても、実際にはGoogleにしてもtwitterにしても各Webサービス専用アプリを使いたくなるもんで、Webブラウザを使うことはあまりなかったりします。

キーボードがないデバイスは……
そして最後、5つめの理由。これは私だけかもしれませんが、「物理的なキーボードがないデバイスは、触っていて楽しさ半減」という事情もあったりします。これは理屈じゃなく、完全に性向の問題ですが、どんなにソフトウェアキーボードの精度が上がっても、フリック入力に慣れても、キーをプチプチ押す楽しさにはかなわないんですよね……(私の場合)。この話をiPhone LOVEなBiz.IDの鷹木編集長にしたところ、「やっぱり吉岡さんはポメラの人なんだね……」とため息混じりにあきれられてしまったのでした。

これは流石に個人の好みだとしか…ただ、物理的フィードバックがないのは弱みか。ただ、W-ZERO3シリーズ(ハイブリッド除く)の支持者は決まって「QWERTYキーボード」をメリットに挙げるのも事実。

最近では女性のユーザーをよく見かけますし、「iPhoneはキャズムを越えた」と言われることも増えています。しかし、iPhoneを買ったものの使いにくいと文句を言う人に対し、ヘビーユーザーが「どういうものか調べないで買うのが悪い」「iPhoneを使いこなせていないから不便に感じるのだ」と いった言葉を投げかけるシーンを、いまだによく目にするのも事実。こういうやりとりがあること自体、やはりiPhoneはまだまだ普及したとは言えないと いう証拠なのではないか……iPhoneを1年近く使い、そしてやめた今、私はそう思っています。

スマートフォンユーザーはこういう事を言ってしまいがち。ケータイの基本的な部分は変わっていないのに、スマートフォンはまだまだ。音声通話をするための手順すら確立されてない。特に電話帳の使い勝手が…。

そしてスマートフォンを使いにくいという人に対して文句をいうのはやはりどこかで「他人が使えないものを使える俺偉い」的な優越感…思い上がり…そんなものがあるのかな。これは時間が解決するのかもしれないけど、電話をかける/受けるだけの人は必ずいるし、そういう用途の人にスマートフォンは勧められない。スマートフォン万能主義に陥りがちなだけに自戒したい。

ココロのひみつ日記(2010年1月10日)

「今日は地雷バトン踏んだので徹夜なのです」

地雷バトンってmixiの話だって初めて知ったしw

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »