« ココロのひみつ日記(2009年12月4日) | トップページ | 12月06日のココロ日記(BlogPet) »

ウォークマンWシリーズを買いましたよー

20091205_01

ウォークマンW、NWD-W202を買っちゃいました。完全な衝動買いだったのが意外に使い心地が良かったので紹介します。このモデルは動画再生はおろか、ディスプレイもありません。ヘッドホン一体型なのでとり回しの軽快さを最重要ポイントとして作られてます。

20091205_02

操作部は右側に集中。左のジョグダイヤルで再生・停止・曲送り/戻し。スタンバイ状態から短押しで再生・停止。早めにぐるんと回すと曲送り/戻しができ、真ん中あたりのボタンで音量調整。そして右にminiUSB端子が見えます。この端子がむき出しである事からもわかるように、防水・防滴ではないので注意。また、ウォークマン伝統とも言える音量制限機能(AVLS)はあります。

20091205_03

右側上部には「ZAPPIN」ロゴ。この「ZAPPIN」はディスプレイを持たないウォークマンW用に提案された選曲機能で、サビにあたる部分(以下「サビ」)を連続再生して好きな曲が出たらその曲を頭から聴ける機能。

操作方法は再生中にジョグダイヤルを長押しすると「Zappin in」とアナウンスされ、サビが4秒ずつ連続再生されます。また、この曲の間にはFMラジオ風の「シュワン!」という効果音が入り、ラジオをザッピングしているかのような演出が楽しめます。

4秒では短いという場合はもう一度ジョグダイヤルを長押しすると「Zappin Long」となり、15秒ずつに延長されます。またこの設定は記憶されているので、Longに設定したら改めてジョグダイヤルを長押しして「Zappin Short」にしない限り15秒のままになります。聞きたい曲になったらジョグダイヤルを短押し。「Zappin Out」のアナウンスの後、曲が最初から再生されます。

また、この「Zappin」はSonicStageVで12音解析をしないと使えないことになっていますが、Windows Media Playerの「同期」を使った場合でもZappinが有効になります。

(訂正)サビの解析は12音解析が必須です。その他のデータの場合は45秒後の音を流すことになっています。間違った記述をしてしまいました。

話が前後しますが、このウォークマンWが新しいのはこれまでのSonicStage=ATRACのみ対応を改め、他社MP3プレーヤー同様Windowsエクスプローラーでのドラッグアンドドロップ転送を可能にしている点。これはPCに詳しくない人にアプローチする為にとった決断でしょうけど、D&Dが出来るという事は基本的にWMPでの管理が可能だということ。

そこでD&Dではなく同期させることにより、WMPでライブラリを構築してる人にも安心して勧められます。

20091205_04

裏面。右側の「SHUFFLE」スイッチでするとシャッフル再生のON・OFFができます。

20091205_05

これまでの説明で「電源は?」と思った人がいるかもしれません。これが電源スイッチです。
というのはわかりづらいですね。このモデルは一番最初の写真で左側と右側がつながっていますが、この右側についた磁石によって電源ON・OFFが切り替わります。磁石が離れていれば電源ON(スタンバイ)、磁石がくっついていればOFFになる仕組み。

つまり電源OFFにするためには必ず右と左をくっつけて置く必要があり、初期状態ではこのくっつけた状態を保持するためのカバーが付いています。でも正直めんどくさい。

20091205_06

そこで出てくるのがこの純正キャリングケース。

20091205_07

裏面。上にループが付いていて、ウォークマンEシリーズのようにバッグやベルトに取り付けられます。

20091205_08_2

問題の中身。このキャリングケースの説明書には「電源OFF機能付き」と書いてありますが、その「電源OFF機能」のキモがこの手前のプラスチック部品の先に仕込まれている鉄板。つまりこのキャリングケースの鉄板とウォークマンの磁石をくっつけるとウォークマンは左側とくっついていると誤解し、電源OFFになります。これならしまうときに右と左を話して、コードをぐるぐる巻きにできてコンパクトになります。

このキャリングケースは必須アイテムだと思います。特にこういうデジタル機器の純正アクセサリーは本体が生産終了するとあっという間に店頭から消えてしまうので、後で買い足せばいいや、というのはおすすめしません。

実際の使用感ですが、かなり快適です。通常のオーディオプレーヤーはコードがわずらわしいし。操作は右側に集中しているので片手でOK。(左利きの人は大変ですが…)
Zappinでサビを聞いていって、聞きたい曲が出たらジョグダイヤル短押し。これだけでOK。

ケーブルが邪魔ならBluetoothがあるだろう、と言われそうですがあれは結構面倒。まずオーディオプレーヤーがBluetoothに対応していないといけないし、対応していない場合はトランスミッターが必要。

いざ環境を整えてもいざ使うにはヘッドホンとプレーヤー(トランスミッター)、両者の電源を入れ、認識されたのを待ってからの操作になります。またリモコン操作(AVRCP)も相性があり、曲送り/戻しが利かない場合があります。
そしてなにより、Bluetoothの場合は送受信側両者のバッテリー管理が必要なのが一番大変。

そこに来てこのウォークマンWの場合は耳につけたらジョグダイヤルを押すだけで即再生可能です。バッテリー管理もminiUSB端子にケーブルを挿せば簡単に充電できる。

もっともデメリットとしては好きなヘッドホンが使えない、容量が比較的小さいというのがあります。

思うにこのWシリーズはiPodや他のオーディオプレーヤーを持っている人の2台目として作られていると思います。1台目は(機能面で)リッチなものを。2台目として音質や性能よりもとり回し重視のWシリーズを。この組み合わせはおすすめです。

ちょっと出かけるときにオーディオプレーヤーも持っていくというときにケーブルが絡まったり、Bluetooth機器の管理で手間取るのは不愉快なもの。そこで耳につけたら即再生のWシリーズ。

久々にいい衝動買いをしました(笑)

SONY ウォークマン Wシリーズ ヘッドホン一体型 2GB ブラック NWD-W202/B CE SONY ウォークマン Wシリーズ ヘッドホン一体型 2GB ブラック NWD-W202/B

販売元:ソニー
発売日:2009/06/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NWD-W202専用 キャリングケース SONY CKS-NWW200 NWD-W202専用 キャリングケース SONY CKS-NWW200

販売元:ミカサカメラWeb
楽天市場で詳細を確認する

 

« ココロのひみつ日記(2009年12月4日) | トップページ | 12月06日のココロ日記(BlogPet) »

家電製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/32505404

この記事へのトラックバック一覧です: ウォークマンWシリーズを買いましたよー:

« ココロのひみつ日記(2009年12月4日) | トップページ | 12月06日のココロ日記(BlogPet) »