« ココロのひみつ日記(2009年12月16日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年12月17日) »

三洋電機の自社ブランドデジカメを復活

三洋電機、国内デジカメ市場へ再参入 -ITmedia +D LifeStyle

三洋電機が国内デジカメ市場に再参入する。

 1997年にコンパクトデジカメ“マルチーズ”「DSC-V1」を投入、「デジカメ」の商標を持つ同社は10年以上に渡ってOEM供給を続けてい るものの、日本国内においてはムービーデジカメ“Xacti”シリーズを展開するのみとなっていた。しかし、「国内需要が飽和状態を迎える中、ローエンド とハイエンドの2極化が拡大する」(同社)との判断から、低価格対象品の投入に踏み切った。

デジカメを名乗れるのは三洋製だけなんですねー。よそは「デジタルスチルカメラ」「デジタルカメラ」と言う表記になっているのはこのため。他社の廉価クラスのボタン配置などがよく似ているのは三洋からOEMを受けているから。そういう意味ではずっと三洋製のデジカメは使われ続けていたのが、ついに自社名をつけて再デビュー。なにやら感慨深い。

12月18日より販売開始される「DSC-X1250」は実売想定価格1万2000円と低価格ながら、有効1210万画素 1/2.3型CCDに35ミリ換算35~105ミリ光学3倍ズームレンズを最薄部17ミリのボディに搭載した。最大4000×3000ピクセルの静止画撮影を始め、640×480ピクセル(30fps)の動画撮影、ISO6400の高感度撮影や顔認識&笑顔検出、露出の異なる2枚の写真を連続撮影した後に合成しノイズやブレの軽減を狙う「新・静止画手ぶれ補正」などといった撮影機能も備えている。

実売1万2千円ならかなり安いなぁ。三洋製なら外しはしないだろうし。詳細を見ないとなんともいえないけど、普及クラスでは有力そう。

« ココロのひみつ日記(2009年12月16日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年12月17日) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/32633710

この記事へのトラックバック一覧です: 三洋電機の自社ブランドデジカメを復活:

« ココロのひみつ日記(2009年12月16日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年12月17日) »