« ココロのひみつ日記(2009年12月22日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年12月23日) »

Firefox3.5トップシェアはWindows7への乗り換えが進んでいる証拠?

Firefox 3.5、ブラウザ市場でシェア1位に -ITmedia News

2009年12月に、Firefox 3.5が世界で最も使われているブラウザの座を獲得した。

Web分析会社StatCounterによると、Firefox 3.5がバージョン別ブラウザシェア調査で、12月第3週(14~21日)にInternet Explorer(IE)7を追い抜き、シェア21.93%でトップを獲得した。この週のIE 7のシェアは21.2%、3位のIE 8は20.33%だった。

元記事のグラフを見ると、Firefoxユーザーが3.5のリリース以降、急激に乗り換えているのがわかるなぁ。(3.0のシェアが急落し、3.5が増えている)

IE8は続伸しているけど、IE6、IE7は緩やかに降下中。これはバージョンアップしていると言うより、Win7搭載PCが増えてきたからかと。

2009年初めの時点では、IE 7が40%超、IE 6が約23%のシェアを握り、それぞれ1位、2位を走っていたが、両ブラウザとも次第にシェアが低下している。その一方で、6月に登場したFirefox 3.5は急速にシェアを伸ばした。1月時に1%に満たないシェアだったIE 8も徐々に勢力を伸ばしており、間もなくIE 7を追い抜きそうだ。

やっぱりWin7のせいだな。

« ココロのひみつ日記(2009年12月22日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年12月23日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/32701714

この記事へのトラックバック一覧です: Firefox3.5トップシェアはWindows7への乗り換えが進んでいる証拠?:

« ココロのひみつ日記(2009年12月22日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年12月23日) »