« ココロのひみつ日記(2009年11月25日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年11月26日) »

Twitterに有料コンテンツが登場する

つぶやきを有料コンテンツに――Twitterに課金システム、来年1月から -ITmedia プロモバ

日本でTwitterを運営するDGモバイルが、Twitter向けに課金プラットフォームを用意していることを明らかにした。2010年1月からの提供を予定している。

11月25日、mobidec2009で講演を行ったDGモバイル取締役COOの杉建一氏が、Twitterのビジネスモデルに言及。2010年1月にも、Twitter向けに課金プラットフォームを提供する予定であることを明らかにした。

え、普通につぶやくだけで金取るの?って思いましたよ。そうじゃないみたいですが。

 サービスとしては「有料つぶやきサービス」と「コンテンツ課金」を提供する予定。有料つぶやきサービスは、ユーザーが既存のアカウントを月額課金方式にできるようにするもので、課金方式は100円~1000円の月額課金と100円~1000円の個別課金から選べる。

 コンテンツ課金は、Twitterを通じて情報やコンテンツを販売するための仕組みを提供するもの。月額課金に対応し、手数料は30%を予定している。決済についてはキャリア課金やクレジット、コンビニ決済などを使えるようにする予定だ。

要は「有料つぶやき」はそのつぶやき(有名人とか企業を想定してるんですかね)を見るための課金で、「コンテンツ課金」はつぶやき内に貼られたURL(コンテンツリンク)を見るために課金されるということらしい。なるほど、Twitterというプラットホーム上でコンテンツを売れるようにするわけだ。

杉氏は課金システムを用意することになった背景について「コンテンツプロバイダは、(無料でコンテンツを入手できる)インターネットが普及するとじり貧に なってくる。ブログで出した情報に、ダイレクトに課金できないかというニーズは非常に高い」と説明。それに応える形で課金システムを用意したという。

またマネタイズの話か…仕方ないが。でも残念だけど金を取ると言うことはそれに見合ったクオリティを求められるんだよ。無料なら多少の瑕疵があっても「無料だから仕方ない」になるけど「有料なのにっ!」とちょっとした事でも責められかねないことは分かって欲しい。

« ココロのひみつ日記(2009年11月25日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年11月26日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/32361203

この記事へのトラックバック一覧です: Twitterに有料コンテンツが登場する:

« ココロのひみつ日記(2009年11月25日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年11月26日) »