« ココロのひみつ日記(2009年11月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年11月19日) »

CPU内蔵になったFマウントツァイスレンズ

カールツァイス、CPU内蔵のFマウントレンズ「ZF.2」シリーズを発表 -デジカメWatch

カールツァイス(Carl Zeiss)は16日、CPUを内蔵したFマウントレンズ「ZF.2」を計8本発表した。    

  海外では「3.5/18」、「2.8/21」、「2/35」、「1.4/50」、「2/50」、「1.4/85」の6本を11月末に発売する。また、 「Distagon(ディスタゴン)T* 2/28 ZF.2」と「Macro Planar(マクロプラナー)T* 2/100 ZF.2」を2010年春に発売する。価格はいずれのレンズも、545~1,386ユーロの間になるとしている。国内での発売は未定。

   

ツァイスのFマウントレンズか。CPU内蔵ってことはAi-Pニッコール相当なのかな。ラインナップはごく標準的な明るさと焦点距離だな。

ZF.2レンズは、ニコンのFマウントに対応した既存の「ZF」レンズに電気接点とCPUと搭載した製品。ただし写真を見る限り、ZFにあった露出計連動爪(いわゆるカニ爪)が失われたように見える。レンズに関するExifデータの記録にも対応するという。

カニ爪がないってことは「ガチャガチャ」が出来ないって事か…。ニコマートFTNとか好きなんだけどな。まあどうせツァイスブランドじゃ高くて手が出ないな ヽ(´ー`)ノ

« ココロのひみつ日記(2009年11月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年11月19日) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/32265298

この記事へのトラックバック一覧です: CPU内蔵になったFマウントツァイスレンズ:

« ココロのひみつ日記(2009年11月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年11月19日) »