« ココロのひみつ日記(2009年10月14日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年10月15日) »

ソフトバンクでは高額課金防止もCPの責任なのか

グリー、未成年の有料課金サービスを見直し -ケータイWatch

グリーは、携帯電話やパソコンで利用できるSNS「GREE」において、未成年ユーザー対象の有料課金対策を明らかにした。

グリーでは、有料課金サービスの利用者が増加していることから、未成年ユーザーの保護を目的に親権者の同意確認を徹底し、課金上限などを設定すると発表した。なお、今回の対策は主にソフトバンクの未成年ユーザーに対するもの。

この前の騒動(「無料で遊べる」携帯電話サイトからの高額請求、相次ぐ -スラッシュドットジャパン)を受けた対応か。

グリーは9月、未成年ユーザーの商品購入画面で、親権者の同意を得ていることを確認するボタンを配置している。さらに10月中には、ソフトバンクモバイルの未成年ユーザーに対して、月間の課金上限3万円を設定する。

ドコモやKDDIでは、携帯電話事業者側で有料課金の上限設定サービスを用意している。ソフトバンク側にはこうした仕組みがないため、グリー側で3万円の上限を設定し、状況に応じて対策の見直しを図っていくとのこと。NTTドコモは、月間最大10万円で1万ずつ任意に上限額が設定でき、KDDI(au)は、未成年の場合は月間1万円、成人の場合は月間3万円(10月20日以降は5万円)と設定されている。

ソフトバンクは利便性向上を理由として有料コンテンツ購入時の暗証番号入力を廃止した時からこれはいつか問題になると思っていたけど、他キャリアはちゃんと上限を設けたり対策をしていたんだよな。

グリー高額課金騒動でソフトバンクは
これにより高額な請求を受けたユーザーがソフトバンクに抗議、ソフトバンク側は当初「請求通り支払ってほしい」としていたもの、消費生活センターに相談したところ全額返還されたという。
という対応。さすが「謎の頭金問題」(http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090620_atamakin/)で

・「頭金」と称して、本来の意味の頭金ではない金額を請求するということは法的に何も問題がない、と?

法律には違反していないので問題はない。

と言い放った会社だけあるなぁ。なんだかもう怒ったり呆れる前に納得だわ。

« ココロのひみつ日記(2009年10月14日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年10月15日) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/31786936

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクでは高額課金防止もCPの責任なのか:

« ココロのひみつ日記(2009年10月14日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年10月15日) »