« ココロのひみつ日記(2009年10月8日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年10月9日) »

ACCSの存在が意外であり疑問

Winny開発者無罪は「意外であり疑問」とACCS -ITmedia News

P2Pファイル共有ソフト「Winny」の開発者が、大阪高裁の控訴審で逆転無罪判決を受けたことについて、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は10月8日、「意外であり疑問」とするコメントを発表した。

 ACCSは、「判決は意外であり疑問を生じますが、詳細な判決内容の確認・検討をしたいと考えます」とコメント。さらに、「今回の判決にかかわらず、被告には社会的・道義的な責任が生じているものと考えます」としている。

ACCSは一審・京都地裁の有罪判決について、「非常に説得的であり、妥当な結果」とコメントしていた

アッ糞乙w
私は二審については「非常に説得的であり、妥当な結果」だし、一審については「意外であり疑問」なんですが。P2Pはネットでも重要な技術(これはACCSも認めている)。SkypeもP2Pだしね。

P2Pファイル共有ソフトについては、「著作権への配慮がないままだと、著作権侵害行為がまん延する」と主張。今後もWinnyなどを通じた著作権侵害行為の対策を続けていくとしている。

ソフトは道具だよね。道具の使い途は道具を使う人間が決めることで、作者も違法ファイルは使うなと警告し、著作権へは十分配慮していたのにそれ以上何をしろと?よく言われることだけど、包丁も規制するか?

一番の問題はコンビニや書店で売られている「ぶっこ抜き」「裏ツール」「無料で」などの違法ファイル流通促進雑誌だろ。書店のコンピュータ雑誌コーナーがこんなので埋まっている現状を見ると反吐が出る。

Winnyの技術 Book Winnyの技術

著者:金子 勇
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2009年10月8日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年10月9日) »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/31707079

この記事へのトラックバック一覧です: ACCSの存在が意外であり疑問:

« ココロのひみつ日記(2009年10月8日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年10月9日) »