« ココロのひみつ日記(2009年9月10日) | トップページ | 09月11日のココロ日記(BlogPet) »

ライカM9はフルサイズCCD

「ライカM9」登場 初のフルサイズレンジファインダー -ITmedia News

ライカカメラジャパンは9月10日、レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM9」を10月下旬に発売すると発表した。レンジファインダー式としては初めてフルサイズCCDを搭載したのが特徴。価格は77万7000円。

 Mマウント対応レンジファインダーの最新型。APS-HサイズだったM8/8.2からセンサーを大型化し、Mマウントレンズをそのままの画角で利用できる。

 有効1800万画素のフルサイズCCDは米Kodakが開発した専用で、ローパスフィルターは「Mレンズの高い解像力をフル活用できるようにする配慮から」あえて採用を見送った。

M型ライカもすっかりデジタルになってしまって…とりあえずフルサイズCCDになってやっとライカらしくなった。現行の「フルサイズ」が「ライカ判」である以上当然だな。まあ完全に予算不足ですがw

M型ライカとレンズの図鑑 (エイムック (1340)) Book M型ライカとレンズの図鑑 (エイムック (1340))

著者:マニュアルカメラ編集部
販売元:〓出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2009年9月10日) | トップページ | 09月11日のココロ日記(BlogPet) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/31319937

この記事へのトラックバック一覧です: ライカM9はフルサイズCCD:

« ココロのひみつ日記(2009年9月10日) | トップページ | 09月11日のココロ日記(BlogPet) »