« ココロのひみつ日記(2009年7月26日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年7月27日) »

IEバンドルを叩く前にIE専用Webサイトを叩け

Microsoftが欧州でWindows 7に「ブラウザ選択画面」,ECが歓迎の声明 -ITpro

米Microsoftは2009年7月24日(現地時間),欧州で発売するWindows 7にブラウザ選択画面を設けることを欧州委員会(EC)に提案したことを明らかにした。ECは同日,Microsoftの提案を歓迎する声明を発表した。

 ECは2009年1月,MicrosoftのWindowsがInternet Explorer(IE)をバンドルしていることに関して独占禁止法違反の疑いがあるとして異議声明(Statement of Objections)を送っていた(関連記事:ECがMicrosoftに異議声明,「WindowsとIEの抱き合わせは競争法違反」)。Microsoftはこれに対し2009年6月,欧州向けのWindows 7ではIEをバンドルしないことを表明したが,ECはアンバンドルだけでは不十分として厳しい姿勢を示していた(関連記事:Microsoftの「ブラウザなしのWindows」計画に,ECが依然厳しい姿勢

「消費者にブラウザの選択肢を提供するよう求めたのであって,ブラウザ無しのWindows提供を指示したのではない」ということだから理解はできる。

今回のMicrosoftの提案は,新規にパソコンを購入する場合,ブラウザ選択画面「投票スクリーン」を表示し,IEと競合するブラウザをダウン ロードしてインストールできるようにするというもの。Microsoftが示した「投票スクリーン」には,IEのほか Firefox,Safari,Google Chrome,Operaが並んでいる。

 ECは「委員会はMicrosoftの提案を歓迎し,消費者による真の自由な選択を確実にするかどうか,その実効性を調査する」という声明を発表した。

正直現状を鑑みると、MSをどうこう言うより消費者を啓蒙した方がいい。IE以外のブラウザがあることすら知らない人間が多いし、IEでないと不安だという人もいる。そして実際IE以外を弾くWebサイト(しかも企業)が散見される以上、IEがないと困るのが現実。

特に確固たる理由もないのに検証が面倒だからとIE専用Webサイトにしてるところをなんとかしてもらわないと、IE以外は使えないというイメージを払拭できず、結局「IEは消費者に選ばれた」という変なお墨付きが付いてしまうと思う…。

« ココロのひみつ日記(2009年7月26日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年7月27日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/30706955

この記事へのトラックバック一覧です: IEバンドルを叩く前にIE専用Webサイトを叩け:

« ココロのひみつ日記(2009年7月26日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年7月27日) »