« ココロのひみつ日記(2009年6月3日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月4日) »

PSP go(PSP-N1000)でPSP終了の悪寒がする

SCEJ、PSPの新機種「PSP go」発売決定! UMDの代わりに16GBメモリを搭載し、小型・軽量化を実現 -GAME Watch

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」シリーズの最新機種である「PSP go」(型番:PSP-N1000)を、11月1日に発売する。価格は26,800円。    

たっけぇw PSP-3000が19,800円なのに7,000円も値上げw

PlayStation Storeの各種コンテンツを利用するには、従来シリーズと同じくPSPからの直接アクセス、プレイステーション 3経由でのダウンロードに加え、「PSP go」に同梱されるCD-ROMに収録されたPC用コンテンツ管理ソフトウェア「Media Go」を利用してPC経由でもダウンロード可能になる。また、「Media Go」には、PSP対応ファイルをPCで管理する機能も用意されている。

 さらに今秋よりPSP版の提供が開始される音楽アプリケーション「SensMe channels」(仮称)を使用すると、「Media Go」で音楽CDなどから取り込み、PSPに転送した楽曲を、よりリッチなインターフェイスで視聴できるようになる。   

Media Maneger for PSPは?SonicStageは?そういうのがあるのにまた別にアプリ作っちゃったの?CONNECT Playerで大失敗したのにまだ懲りないんですか…。

従来シリーズに搭載されていたメモリースティックDuoスロットは、「PSP go」ではメモリースティック マイクロ(M2)スロットになっている。

ちゃんとMS DUO買った人は悲惨だな…。喜ぶのはソニーとmicroSDを変換して使っていた一部の人間だけか。どうせならmicroSDXC(仮)でも搭載して驚かせてくれ。

CPUは「PSP CPU」で動作周波数は1MHzから333MHz。メインメモリは64MB。ディスプレイサイズは従来の4.3型からやや小さい3.8型ワイドスクリーンTFT液晶で、解像度は変わらず480×272ピクセルとなっている。

基本性能は変わらず、ディスプレイ縮小の上にUMDまで廃止したのに7,000円の値上げってどうなんだろうな…しかもUSB端子もない(正確には「マルチユース端子」に統合された。要変換)から、カメラもGPSレシーバーもワンセグチューナーも使えないことになってしまった。

そしてUMD Videoもこれでおしまいか?せっかくバンダイビジュアルがUMD Videoを出してくれたのにそれを裏切るこの行いw UMDは事実上PSP専用メディアなのに。

さらにPSP goにソフトを入れるためにはネットで買うしかないわけで、小売店はこれが売れる度に来店客が減る可能性がある。ソニーはどっち向いて商売してるんだろうなぁ…。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 パール・ホワイト(PSP-3000PW) Video Games PSP「プレイステーション・ポータブル」 パール・ホワイト(PSP-3000PW)

販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2008/10/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2009年6月3日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月4日) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/29938136

この記事へのトラックバック一覧です: PSP go(PSP-N1000)でPSP終了の悪寒がする:

» PSP go発表 [深蒼の空]
元ネタはこちら http://headlines.yahoo.co.jp/hl... [続きを読む]

« ココロのひみつ日記(2009年6月3日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月4日) »