« 私女だけどフィルタリングソフトを義務化する国って無理 | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月11日) »

エヴァ破スタッフ「ケータイを転売屋から買うって哀し過ぎますって」

人気のヱヴァ携帯、オークションで転売も 公式ブログで「悲しい」 -ITmedia ねとらぼ

6月27日公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」とコラボレーションした携帯電話「SH-06A NERV」が人気で、予約販売分は即日完売した。ただ、一部が「Yahoo!オークション」(ヤフオク)などで転売されており、映画のプロモーションスタッフがブログ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版ブログ:破」で、「転売は悲しい」と心境を述べている。

ブログでは、転売目的で予約し、オークションに出品する“転売ヤー”について、「だって、そいつらのせいで、ホントに欲しいのに買えなくなる人が出てくる わけでしょ? そいつらがいなけりゃ、買えたのに。で、買えなかった元凶である転売屋のオークション出品物を、定価よりずっと高い金額で落札するって…… それ、哀し過ぎますって……」と訴えている。

転売屋は卑しいし、私も要らないと思う。だけど…じゃあ最初っから受注生産にするとか、増産の調整するとかしろよ。被害者面しないで欲しいな。しかもなんで「哀し過ぎますって」とか上から目線?

限定数3万というのがおそらく採算が取れるロット数だった訳で、受注生産にするとそこからのブレが大きくなる危険性が高かったからでしょ。しかも受付開始が金曜日の午前中からって真っ当な社会人には到底無理。結局の所は「残り1万台(量販店割り当ての通常販売分)を頑張って並んで買ってねwww」だもんなぁ。

ヤフオクには、ヱヴァ新劇場版とコラボレーションした箱根の観光マップ「ヱヴァンゲリヲン箱根補完マップ」も数多く出品されている。箱根の施設などで無料で配っているマップだが、ヤフオクには開始価格1円~1000円程度で出品されている。

 ブログはマップにも言及。「タダで配られた『箱根補完マップ』も1000円で出品って、何ですかいったい?」と憤り、「箱根で手に入れるのことに 意味があるアイテム。レア物扱いで、高い値段付けるための箱根限定じゃない」と残念がっている。ただし、マップは「近日中に、もっと入手しやすくしてもら うよう、お話中」という。

まあ、あれは原価安そうだもんな。簡単に増刷できるよなw

« 私女だけどフィルタリングソフトを義務化する国って無理 | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月11日) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/30043662

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァ破スタッフ「ケータイを転売屋から買うって哀し過ぎますって」:

« 私女だけどフィルタリングソフトを義務化する国って無理 | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月11日) »