« ココロのひみつ日記(2009年6月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月19日) »

ラオックス、中国企業に降る

ラオックス、中国・家電量販最大手などと出資受け入れ交渉 -YOMIURI ONLINE

経営再建中の中堅家電量販店のラオックスが、中国の家電量販店最大手・蘇寧電器集団(南京市)など複数の企業と、出資の受け入れについて交渉していることが17日、分かった。蘇寧電器との交渉がまとまれば、日本の家電量販店が中国企業の傘下に入る初めてのケースとなる。

 ラオックスは十数億円規模の第三者割当増資を行う意向で、蘇寧電器は発行済み株式数の3割程度を握る筆頭株主になることを提案しているもようだ。

ラオックス \(^o^)/ オワタ
中国企業の軍門に下るのか…落ちるところまで落ちたな…。旧アソビットシティのビルをドン・キホーテに競り負けて手放す羽目になったのがケチのつきはじめか?

ラオックスは、ヤマダ電機など大手に押されて業績が低迷。2009年3月期連結決算の税引き後利益は125億円の赤字だった。税引き後赤字は8年連続。

 そのため、郊外店を全廃し、08年3月末に75店あった店舗網を14店舗に縮小するなどの大規模なリストラを進めている。

郊外店はもっと早めにやめるべきだったな…。ノジマが買い取る話もあったけど、結局破談になったってことは箸にも棒にもかからない店舗ばっかりだったんだろうし。

今のラオックスは秋葉原のアソビットシティと免税店だけで持ってるような感じしかせず、一言で言うと覇気がない。同じ老舗の石丸電気もエディオンの傘下入りしてしまったし、秋葉原で家電量販店はやはり厳しいのか…。

« ココロのひみつ日記(2009年6月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月19日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

秋葉原」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/30168956

この記事へのトラックバック一覧です: ラオックス、中国企業に降る:

« ココロのひみつ日記(2009年6月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年6月19日) »