« ココロのひみつ日記(2009年5月21日) | トップページ | 05月22日のココロ日記(BlogPet) »

ソフトバンクは重大事故も2008年度No.1

総務省が電気通信事故の発生状況を報告、重大事故が増加 -ケータイWatch

総務省は、2008年度までに報告された電気通信事故の発生状況をまとめ、公表した。重大事故に位置付けられる事故は2008年度に大幅に入って増加したほか、設備要因の事故が増加している傾向も明らかになった。
(中略)
このほか、2008年度に重大事故として報告された18件について、詳細がまとめて公表されている。このうち携帯電話では、ソフトバンクモバイルが6件で 最多。NTTドコモは3件、KDDIは2件となっている。発生要因別では、ソフトバンクモバイルの6件のうち4件が設備要因で、人為要因、外的要因が1件 ずつ。NTTドコモは設備要因2件、人為要因1件。KDDIは2件とも設備要因。

ソフトバンクの重大事故はドコモの2倍、KDDIの3倍ですかw しかも設備要因が約67%を占めている。

システムダウンは設備投資を省略したためではなく設計の人為的なミスによるものだ。対応のメドはついている。少なくとも今後は同じ理由で大規模なシステムダウンがないようにする。NTTドコモとauも同じくらいの頻度でシステムが落ちているが、我々が落ちているとなぜか大きく報道されるという面もある。
孫社長「大規模投資せず負債完済」 ソフトバンク09年3月期決算 -ITplus)

うーん、なにをかいわんや。

重大事故における影響数では、ソフトバンクモバイルが合計約172.8万人、NTTドコモが合計約158万人、KDDIが合計約20万人となった。重大事故の継続時間は、ソフトバンクモバイルが6件で合計約30時間、NTTドコモが3件で合計約15.2時間、KDDIが2件で合計約6.3時間となった。

ドコモの契約者数は54,690,000。ソフトバンクは20,738,300。約2.6倍の差がありながら、影響者数ではソフトバンクはそれを上回っているとは驚きだw しかも継続時間はドコモの約2倍、KDDI比で約5倍。

契約者数は増えているのに対して、明らかにインフラが追いついていない。まあ自社インフラではPCデータ定額が出来ず、結局下位のキャリアにMVNOしてるようじゃ当然か?w

ソフトバンク「常識外」の成功法則 Book ソフトバンク「常識外」の成功法則

著者:三木 雄信
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2009年5月21日) | トップページ | 05月22日のココロ日記(BlogPet) »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/29726924

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクは重大事故も2008年度No.1:

« ココロのひみつ日記(2009年5月21日) | トップページ | 05月22日のココロ日記(BlogPet) »