« ココロのひみつ日記(2009年5月2日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年5月3日) »

デススマイルズ2、初期費用0円。

ケイブ、オペレーター向けに初期費用0円のレンタル方式を導入
第1弾は今月稼働の新作シューティング「デススマイルズII」
-GAME Watch

株式会社ケイブは、アミューズメント事業に関するプライベートショー「新商品\0発表会」を都内・京王プラザホテルにて開催した。同社は、5月13日出荷 予定のアーケード用新作シューティングゲーム「デススマイルズII 魔界のメリークリスマス」より、オペレーター向けにイニシャルコスト(初期投資費用)不要の新レンタルプラン「レベニューシェア方式」を導入する。

レベニューシェア方式は、契約に基づき収益の分配が行なわれる成功報酬型契約の1つ。従来のアーケード用ビデオゲームは、オペレーターが各メーカーから ゲームソフト(基板)を購入し、それを店舗で運用することでユーザーから利益(インカム)を得るのが一般的だったが、ケイブはレンタルにて基板を「0円」 で契約したオペレーターに提供。毎月のインカムに応じて、一定の比率で売り上げを分け合う。分率は、1プレイ100円以上のときはオペレーター60パーセ ント:ケイブ40パーセント、1プレイ100円未満のときは折半(50:50)。100円2プレイ設定は、後者分率が適用される。

昔の携帯電話のシステムっぽいなぁ。端末を無料で配って、毎月の通信費で回収するという…。

売上の管理は、USBドングルにて行なわれる。ケイブは、月初の稼働にあわせて新USBドングルを各店舗に発送。新USBドングルは、ソフトのバージョン アップを兼ねる場合があるという。店舗は、前月の売上を翌月3日以内にFAXにて送信。また、交換した旧USBドングルをケイブに返送する。USBドング ルにはデジタルインカムデータが記録されており、店舗側から送られてきた売り上げデータと差異が生じたときは翌月に差額の請求を行なう場合があるとしてい る。契約は6カ月単位で、以降は1カ月ごとの自動更新。更新を希望しないときは、前月末までに終了する旨をケイブ側に連絡する必要がある。

毎月ドングルが送られてくるのか…ついでにバージョンアップも行われると。USBドングルを差し替えるだけでいいなら店は楽かも。半年は撤去できないという縛りも付いているけど、さほど問題にならないんだろうか?正直ゲームセンター行かないからなぁ(汗)

念のため触れておくと、オペレーター向けの新作レンタルは同社が初というわけではなく、近年にもいくつか例がある。だが、初期投資0円、契約期間6カ月と いう提案は、ここ数年来高騰の一途を辿る各社の新作OP価格と比較するまでもなく“一石”以上のインパクトがある。すべての機器に適用できる方式ではない が、これが一般化すれば「とにかく買わせてしまえば勝ち」といった焼畑的な売り方は通用しにくくなるだろうし、エンドユーザーにとっても大きなメリットが ある。これまで「高くて買えない、予算がない」と二の足を踏んでいた店舗でも、初期投資費用が0円なら気楽に導入できるからだ。ユーザーが新作に触れられる機会が増えれば、それだけシーンも盛り上がっていく。同社の施策が、業界全体の活性化につながっていくことを期待したい。

全部買い切りでは店もやってられないだろうし、とりあえずレンタルしてみてインカムが悪ければ返せば済むし。もっとも初期費用をケチってレンタルしたらインカムが想像以上によかったら最低でも40%を延々メーカーに払い続けるというリスクもある。

メーカーにすればインカムが悪かったら返されてしまうんだから、あまり変な物は作れない。逆に初期費用0円で店を釣ってしまえばインカムの40%が入り続けるので、単純に基盤を売り切るよりも利益が出る。

と、言うのが理想型だけど今後どうなりますやら。

デススマイルズ(通常版) Video Games デススマイルズ(通常版)

販売元:ケイブ
発売日:2009/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2009年5月2日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年5月3日) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/29402570

この記事へのトラックバック一覧です: デススマイルズ2、初期費用0円。:

« ココロのひみつ日記(2009年5月2日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年5月3日) »