最近のトラックバック

« とらのあなのメイド喫茶、2年目で閉店 | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年5月16日) »

イー・モバイル、100円PCユーザーの10%が使っていない?

イー・モバイル、純増の5割は100円PC購入、うち1割が未接続 -ケータイWatch

イー・モバイルでは、ネットブック購入時に「スーパーライトデータプラン にねんMAX」を契約することで、ネットブックを100円で手に入れられるよう にするセット販売を行っている。いわゆる“100円PC”だ。「2008年度下半期の純増数のうち、セット販売が50%を占める」という。しかし、「さらにそのうちの10%はイー・モバイルを利用していない(トラフィックが上がってきていない)」ことも明らかにした。

まあそうだろうな、と思っていたらやっぱりそうだったんだ、と言うだけの話ではあるけど、そのうち10%が未接続というのはイー・モバイルとしてはあまりよろしくない。

「100円PC」で使われる「スーパーライトデータプラン にねんMAX」は端末代金(通信端末とネットブックなど)+最低月額利用料として2,900円、最高6,880円の料金がかかるサービス。

この上限に達するまでが118,575パケット(約14MB)なので、ちょっと使えばすぐ上限に達し、その分がイー・モバイルの儲けになるところなのに、それがないのでは、単純に金を貸しているだけになってしまっている。

借金の条件としては24回分割無利息と考えると破格の条件なので、使って貰わないことには利益が…というところですか。

また、純増数のうち10%は、携帯電話などの端末系という。音声端末の展開については、「まずエリアの問題がある。現在の人口カバー率90%では、他の キャリアに勝てない」としたほか、「端末は海外製品を買って販売することはできるが、自社でコストをかけて開発することはできない」と説明。さらに、「通 話料金もイー・モバイル同士は安くできるが、他のキャリアとの通話を安くすることは難しい」などの理由から、今後もデータカードをメインで展開する方針に 変わりないと述べた。

音声端末は780円プランが利いたか。24時間通話無料としては最安だし。でもエリアや端末のラインナップと言った弱みを分かっていて、データ通信メインを掲げているならイー・モバイルはまだうまくやってくれると思う。本当の意味での新規参入キャリアだし、それなりに思い入れもあるのでw

イー・モバイル飛躍の通信戦略 Book イー・モバイル飛躍の通信戦略

著者:息吹 友也
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« とらのあなのメイド喫茶、2年目で閉店 | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年5月16日) »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/29630483

この記事へのトラックバック一覧です: イー・モバイル、100円PCユーザーの10%が使っていない?:

« とらのあなのメイド喫茶、2年目で閉店 | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年5月16日) »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ