« ココロのひみつ日記(2009年4月1日) | トップページ | ウォール街の「買ってはいけない」? »

WAONが「石見銀山遺跡」周辺の地方通貨に

「石見銀山」をデザインした電子マネー「石見銀山WAON」 -日経トレンディネット

島根県の大田市観光協会とイオンは、世界遺産「石見銀山遺跡」周辺で地域通貨として使える電子マネー「石見銀山WAON」を4月25日に発行する。中国地方のジャスコやサティ、大田市観光協会などで販売する。全国のWAON加盟店のほか、石見銀山遺跡周辺の「世界遺産センター」など有料施設で決済に使える。また施設利用時にカードを提示すると料金割引などの特典がある。

イオンの電子マネー「WAON」の機能を備え、200円の支払いごとに1WAONポイント(1円相当)が付く。これに加え売上金の一部が、石見銀山遺跡の整備、景観保全を行う基金に寄付される。
(中略)
電子マネーを導入する施設は世界遺産センター、龍源寺間歩など8カ所。石見銀山遺跡周辺で営業する電動アシスト付き自転車タクシー「ベロタクシー」の支払いにも使える。今後、順次拡大するという。

石見銀山は正直どうでもいいが、イオングループ以外でのWAONが幅を利かせてきたな…。Edyのうま味がすっかりなくなった今、WAONはプリペイド電子マネーでSuicaに次ぐ二番手にのし上がりそうな予感。nanacoは相変わらず7&Y限定色が強いし。

« ココロのひみつ日記(2009年4月1日) | トップページ | ウォール街の「買ってはいけない」? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/28913904

この記事へのトラックバック一覧です: WAONが「石見銀山遺跡」周辺の地方通貨に:

« ココロのひみつ日記(2009年4月1日) | トップページ | ウォール街の「買ってはいけない」? »