最近のトラックバック

« ココロのひみつ日記(2009年4月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年4月13日) »

車は金がかかる、今はそれを許容できなくなったと言うこと。

「若者の“クルマ離れ”を無くすには?」 ホンダが学生のお知恵拝借 -痛いニュース

学生のお知恵拝借-。大手自動車メーカー、ホンダ(東京都港区)の社員が明治大学商学部(同千代田区)の教壇に立ち、自動車の販売戦略などを考える講義「ものづくり戦略」が16日から開講する。世界的な自動車不況の中、「クルマ離れ」が指摘される若者の本音を探りたいホンダ側と、学生に社会体験をさせたい大学側の狙いが一致した。通年(1年間)の正規講義で自動車メーカーが文系学生とコラボレーションをはかるのは珍しい。

ユニークな“コラボ”が実現した背景には、最近の若者の「クルマ離れ」がある。警察庁の統計によると、運転免許保有者に占める若者(18~24歳)の割合は平成19年に8.7%となり、30年前の約半分に減った。「かっこいいクルマを持つことにあこがれる若者」が急減しているというデータもあり、ホンダ側には「若者が何を考え、どんな車を欲しがっているのか、本音を知りたい」(同)との思いがあった。

簡単じゃないか。まず収入が減らされていて、絶対的に金がないから買えない。次に携帯電話やゲームなど、車よりも楽しいこと、金を使いたくなることがあるから、相対的に車に回す金がない。

おまけに税金、駐車料金、高速道路、油脂燃料その他消耗品、車検、保険と言ったランニングコストが飛び抜けて高いので、車に乗るメリットをそれらがスポイルしてしまっているから。都市部では公共交通機関が発達しているから必要ないし、地方部は地方部で節約志向のせいで無駄金は払わなくなってる。

という現実からなんとか目をそらそうと必死なのがこの件でのホンダ(だけではないが)。
こんなんだと自動車産業はますます斜陽化が進むのは確実。

« ココロのひみつ日記(2009年4月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年4月13日) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/29089421

この記事へのトラックバック一覧です: 車は金がかかる、今はそれを許容できなくなったと言うこと。:

« ココロのひみつ日記(2009年4月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年4月13日) »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ