« ココロのひみつ日記(2009年4月25日) | トップページ | 石丸ホビー館3Fの処分セールにて »

ソフトバンク、またまたまたまた「重大な事故」

総務省、ソフトバンクの通信障害で文書指導 -ケータイWatch

総務省は、4月19日に発生したソフトバンクモバイルの通信障害に対し、「必要かつ適切な措置が十分になされていなかった」として、再発防止策などを求める文書による指導を行った。

 今回の指導の対象となる事故は、4月19日に東日本(一部サービスは全国)で発生していた通信障害。同日の9時9分~15時58分にかけて、 3Gサービスでインターネット接続が利用できなかったり、2G/3Gサービスでメールが利用できず、最大で約1576万人に影響が及んだ。

ボーダフォン時代と変わらず「世界で使えて自宅が圏外」?
違うかw

19日にソフトバンクモバイルから総務省へ報告が行われたが、総務省では「複数のサーバーが停止し、大規模なサービス停止に至ったものであるとのことで、シ ステム信頼性向上対策や障害を小規模にとどめる対策などで必要かつ適切な措置が為されていなかった」と指摘している。また、ユーザーへの周知についても十 分な説明が行われておらず、ユーザーに不安を与えたとしている。ソフトバンクモバイルによれば、発生した障害のうち、メールサービスについては 「softbank.ne.jp」というドメインのメールアドレスは全国で影響があったにも関わらず、当初の発表時には東日本のみで発生と案内。翌日に訂正した。

 電気通信事業法では、設備故障により通信サービスの全てあるいは一部を停止させたり、品質を低下させたりする事故のうち、3万以上のユーザーが存在し、停止時間・品質低下時間が2時間以上の場合は、「重大な事故」と定義している。ソフトバンクモバイルに対しては、昨年5月14日に重大な事故の集中発生による行政指導が行われていたが、それ以降、約1年間で2008年10月15日、2009年1月20日、2009年2月9日の3回、重大な事故が発生している。

はじめは東日本の3Gだけと言っておきながら実際には違ったという、相変わらずの隠蔽体質があだになったのかw
純増していても利益が上がらない低ARPUユーザーばかり集めたせいで設備投資が出来ないというのが改めてはっきりした…?いや、もともと設備投資なんてしてないもんな…中継局でごまかしてるだけだし。よくこれで「伝送路設備を保有する電気通信事業者」を名乗れるもんだ。

「5月14日の行政指導」は去年の4月9日、5月5日、5月6日と3連続で「重大な事故」を起こしたときのもの。(http://mus.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/3_9308.html)おおよそ1年後にまた同じ事して怒られたのかw

« ココロのひみつ日記(2009年4月25日) | トップページ | 石丸ホビー館3Fの処分セールにて »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/29291494

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク、またまたまたまた「重大な事故」:

« ココロのひみつ日記(2009年4月25日) | トップページ | 石丸ホビー館3Fの処分セールにて »