« ココロのひみつ日記(2009年3月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年3月13日) »

携帯電話はリサイクルからリユースへ

携帯の中古ショップが拡大 「リユース」でリサイクル偏重に一石 -ITmedia NEWS

消費者から不要になった携帯電話端末を買い取り、割安な価格で販売する店が増えている。販売方式の変更で端末の価格が本来の水準にあがり、低価格端末を求 める声が強まっていることから、一定の中古需要が見込めると判断したためだ。これまではインターネットによる無店舗販売が中心だったが、昨年春以降、現物 を並べて対面販売する業者が相次いで登場し、次第に“市民権”を得つつある。

最近急激に増えた中古白ロムの実店舗販売。

中古携帯市場の将来性を見込んで、大手も取り扱いを始めた。ジャスダック上場の携帯電話販売代理店、日本テレホンは、首都圏と関西圏の計21の直営併売店で中古端末を買い取り、「エコたん」の名称で販売している。「新品端末の販売に次ぐ柱に育てるとともに、端末のリユースによる地球環境の保護に努めたい」 と語る。

現実として新品での販売はもう飽和してしまっているし、期待出来そうなのは2G(SB2G、mova)の巻き取り需要くらいか。富士通のらくらくホンのTVCMもF672i(movaらくらくホン3)からの買い換えを促す内容になっていて、それを痛感。

中古市場の将来性と言うよりも新品市場の限界が見えてきたが故のリスクヘッジとしての参入ですね。

首都圏で総合リサイクル店を展開するマザーズ上場のトレジャー・ファクトリーも春日部店(埼玉県)や所沢店(同)など一部の店舗で中古携帯の取り扱いを開始し、今秋をメドに直営全店舗に広げる計画だ。

 栃木県や徳島県などでも、地場の古書店やリサイクル店などが事業に参入するなど、各地で携帯の中古リユースビジネスが広がりをみせ始めている。

 各社とも、対面販売という仕組みと、購入後一定期間内の不具合であれば返金に応じるサポート態勢で無店舗にはない安心感をPRし、消費者への浸透を目指していく考えだ。

これまで白ロムは主にオークションや通販だけだったのが、実店舗販売によって敷居が低くなったのはいいことだと思う。

それに端末の機能もかなり行き渡ってきて、これまでの誰でもハイエンドを0円(に近い価格)で買っていた時代から、新機能は少なくてもいいからとにかく安く機種変更したいという人にも受けそう。ドコモ端末でもPRIME(旧90x)が売れなくて、STYLE(旧70x)やSMART(旧μ)が売れるようになってきた、つまり価格重視になってきた事にも符合する。

これまでは携帯電話サービスを提供する通信事業者が自主的に端末を無料で回収してきたが、2007年度の回収台数は644万台と7年前の半分以下の 水準に落ち込んでいる。総務省や業界は回収率の目標を策定して取り組みを強化する方針だが、経済産業省と環境省は一歩踏み込んで、“都市鉱山”と呼ばれる 携帯などの小型家電のリサイクルの義務化を模索する。

 そんな中、広がりをみせる中古携帯の買い取り・販売というリユースの動きは、リサイクル一辺倒の流れに一石を投じそうだ。「リユースはリサイクルに比べ効率的で、コストも低く抑えられる」とある業者はその意義を強調する。

まずは不要端末が換金できるというのが一番大きい。端末の高価格化(実際には本来の値段になっただけだが)のせいで、端末の価格というものを認識せざるを得なくなってきた今、無料回収は端末を出す方にとっては高く買った端末をタダで持って行かれるのは受け入れられないでしょう。

世帯普及率が9割を超えた携帯電話。鈍化傾向にある需要の喚起と並んで、循環型社会構築の観点から、使用済み端末の3R「リデュース(ごみの排出削減)」「リユース(再使用)」「リサイクル(再資源化)」の推進が喫緊の課題となっている。

リサイクルは最後の手段であって、その前にリユースを図るのは当然。さらにもっと進めればリデュースになるけど、これは最初から無駄に機種変更しない、つまり端末を買わないようにしろ、ということになっちゃうので、これは流石にキャリア・代理店ともに勧めにくいかとw

« ココロのひみつ日記(2009年3月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年3月13日) »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/28587194

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話はリサイクルからリユースへ:

« ココロのひみつ日記(2009年3月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年3月13日) »