最近のトラックバック

« ココロのひみつ日記(2009年3月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年3月19日) »

Hello Messengerのことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

au、「Hello Messenger」を8月で終了 -ケータイWatch

KDDIおよび沖縄セルラーは、2005年11月より提供している「Hello Messenger」を、利用者の減少に伴い2009年8月31日で終了すると発表した。最近の利用ユーザー数は月5万人程度。

 「Hello Messenger」は、専用アプリが搭載されたauの携帯電話同士で、チャット感覚のテキストの送受信や、トランシーバーのような音声通話を最大5人で リアルタイムに楽しめるコミュニケーションサービス。2005年当時、同様のトランシーバーのような音声サービスは「Push to Talk」として海外の通信キャリアで展開されており、2005年10月にはNTTドコモが「プッシュトーク」としてサービスを発表。同月にauも Hello Messengerを発表した。

約4年続いたことになるのか、意外に長かったな。PTTサービスはドコモのプッシュトークよりは文字、画像も送れるHello Messengerの方が上だと感じたし、料金面でも4秒1円(ドコモは30秒5円)と課金単位が細かく、一発言が短くなりがちなPTTでは有利だったけど、結局の所日本ではPTTの需要自体が無かったと言うことだろうな。

海外ではSMSやPTTのような短く効率的な通信が多いのに対して、日本ではMMSや通常の音声通話のような、長く情緒的な通信が重視されるってのもあるかも。

Hello Messengerは2005年11月より発売された「W33SA」「W32T」「A5515K」から対応が開始され、以降auの端末にHello Messengerアプリがプリインストールされてきた。一方で、最近ではプリインストールされない機種も増えていた。

プリインストールもW54Tあたりで打ち切りになっていたからな。もうこの頃から見切りを付けていたのならある意味偉い。

さて次はどこがPTTをやめるかな?ドコモのプッシュトークか?ソフトバンクのS!一斉トーク(旧サークルトーク)か?w

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーによって生成されました)

« ココロのひみつ日記(2009年3月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年3月19日) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/28680755

この記事へのトラックバック一覧です: Hello Messengerのことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。:

« ココロのひみつ日記(2009年3月18日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年3月19日) »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ