« ココロのひみつ日記(2009年3月21日) | トップページ | 「初音ミク Studie GLAD BMW Z4」個人スポンサー特典到着 »

GMailにメール送信キャンセル機能

Gmailに「送信アンドゥ」機能――ただし5秒まで -ITmedia Biz.ID

米Googleは3月19日、Gmail Labsの新機能として、メールを間違って送信した場合に、それを取り消せる「Undo」機能を追加した。

 英語版に設定したGmailでGmail Labsのアイコンをクリックし、表示されるページで「Undo Send」をEnableにすると利用できる。

Labsはホントいろんなこと考えるよなぁ。

送信取り消しのチャンスは2回。まずメールを送信中に表示されるメッセージ「Sending...」の後ろに、「Cancel」というリンクが毎回表示されるようになる。

このリンクをクリックすると、送信がキャンセルされ、メール作成画面に戻る。キャンセルが成功するとメール作成画面の上に「Sending has been canceled.」と表示される。

送信中キャンセル。これはまあ余所でも出来そうだけど、送信後キャンセルが出来るのが違う。

また送信後、メール作成画面上に表示される「Your Message has been sent.」というメッセージの後ろに「Undo」というリンクが表示される。

このリンクをクリックして「Sending has been undone.」と表示されれば送信取り消し成功だ。Undoが表示されているのは5秒間。この間に判断する必要がある。

実際にはもっと長い間キャンセル出来るに越したことはないけど、間違いに気づくのは往々にして「送信」を押した瞬間だったりするから、現状これで十分かもな。

« ココロのひみつ日記(2009年3月21日) | トップページ | 「初音ミク Studie GLAD BMW Z4」個人スポンサー特典到着 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/28733436

この記事へのトラックバック一覧です: GMailにメール送信キャンセル機能:

« ココロのひみつ日記(2009年3月21日) | トップページ | 「初音ミク Studie GLAD BMW Z4」個人スポンサー特典到着 »