« ココロのひみつ日記(2009年3月25日) | トップページ | 03月26日のココロ日記(BlogPet) »

3G対応ゲーム機「Zeebo」

3Gネットワーク接続機能を備えるゲーム機「Zeebo」発表 -4Gamer.net

アメリカのZeeboは現地時間の2009年3月23日,コンシューマゲーム機「Zeebo」を,ブラジルで4月に発売すると発表した。

Zeeboは,新興国をメインターゲットとするゲーム機。携帯電話に使われているQualcomm製のMSMチップセットを採用することで,製造コストを抑えている点がウリの一つだ。

ブラジルでの希望小売価格は199アメリカドルで,発表によれば,これは同国における主なゲーム機の5分の1ほどの価格とのこと。またブラジル以外の国では,2009年中は179ドル以下,2010年には149ドル以下での販売を見込んでいるとのこと。

この記事を書いたときの1ドル=97.49円。当初19,400円を2010年には14,526円にするのかw (もちろん為替レートは常に変動しているから実際には違うけど敢えて無視)

しかし大ざっぱに言うとブラジルではゲーム機は10万近くするってことか?それもずいぶん差があるな…。

Zeeboで特徴的なのは,携帯電話の3Gネットワークを用いた「ZeeboNet Wireless Network」に接続することでゲームソフトを購入する方式が採られていること。システム関連のアップデートもZeeboNet Wireless Network経由で提供される。

現在,Capcom,EA Mobile,Gameloft,id Softwareなどのゲームデベロッパ/パブリッシャが,Zeeboに向けてさまざまなタイトルを準備中だ。

なお,Zeeboにはゲーム4本が最初から組み込まれているほか,一つのゲームを無料でダウンロードできる。

チップセットの事も考えると、携帯電話並みの性能のゲーム機なんだろうか。それでも今はかなりのもんだから馬鹿には出来ないけど。(P905iにリッジレーサーズが載った時は正直かなり驚いた)

Zeeboで採用されている,ゲームを3Gネットワーク経由で提供する方式は,海賊版ソフトが横行しているマーケットでも安心してゲームを販売できるという意味で,ゲームメーカーにとっても非常に有意義なものといえるだろう。

ともあれ,今後,Zeeboにどのようなゲームが登場するか注目したいところだ。

まさに新興国向け仕様だな。こういうアプローチも面白い。日本では…どうなんだろ?

« ココロのひみつ日記(2009年3月25日) | トップページ | 03月26日のココロ日記(BlogPet) »

ゲーム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/28803709

この記事へのトラックバック一覧です: 3G対応ゲーム機「Zeebo」:

« ココロのひみつ日記(2009年3月25日) | トップページ | 03月26日のココロ日記(BlogPet) »