« ココロのひみつ日記(2009年1月14日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年1月15日) »

LDプレーヤー残り3000台で終了

パイオニア、レーザーディスクプレーヤーの生産を終了-国内累計360万台。「部品調達が困難に」 -AV Watch

パイオニア株式会社は14日、レーザーディスク(LD)プレーヤー事業について、今後「DVL-919」、「CLD-R5」、「DVK-900」、「DVL-K88」の4機種、合計約3,000台をもって生産を終了すると発表した。

同社は'81年10月以来、日本国内で累計約360万台のLDプレーヤーを販売してきたが、「DVDやBlu-ray Discなどの新たなメディアが市場に定着する中、生産に必要な専用部品の調達が困難となってきたため、やむなく生産を終了することになった」という。

今までよく頑張った。さすがにもうきついだろう。もっとも今までまだ作っていたことも知らなかったけど。

修理対応は、今後も修理に必要な部品の最低保有期間(機種ごとに生産終了時を起点として8年間)は継続され、それ以降についても必要な部品在庫がある場合は修理対応するとしている。

同社のLDプレーヤー事業関しては、2002年5月に撤退を検討していたが、利用者から事業継続の要望が数十件寄せられ、同年7月に製造・販売を続ける方針を発表していた。2002年5月時点の国内出荷も約360万台。

数十件でも継続したとか神レベルだろ…。それに引き替えHD DVDは…。

« ココロのひみつ日記(2009年1月14日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年1月15日) »

ニュース」カテゴリの記事

家電製品」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/27135157

この記事へのトラックバック一覧です: LDプレーヤー残り3000台で終了:

« ココロのひみつ日記(2009年1月14日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2009年1月15日) »