« ココロのひみつ日記(2008年12月21日) | トップページ | 「魔法少女アイ参」は「可愛い我が娘」であったか »

あえてトクだねニュース便のメリットを考える

ドコモ、「トクだねニュース便」の新規受付終了 -ケータイWatch

NTTドコモは、iモードの「メッセージR」(メッセージリクエスト)を利用して、最新ニュースや気象情報などを配信するサービス「トクだねニュース便」(月額157.5円)の新規受付を2009年3月31日に終了すると発表した。

 「トクだねニュース便」は、1日4回、定期的にニュースや天気などの最新情報を通知するサービス。サービス開始から約1年後の2005年11月には100万契約を達成したが、同年に後継サービス情報サービス「iチャネル」が登場。次第にユーザーが減少し、2008年11月末時点で利用者は19万6000人となっていた。

 なお、サービス自体の終了については、利用者数などを見ながら検討していくという。

うーん…iチャネル開始前に始まったプッシュ情報配信なんだけど、今はiチャネルに移ってるんだろうな。

でもiチャネルは更新頻度が高い分電池食うし、テロップが待ち受け画面隠しちゃうし(端末の設定で消せるけど)、デメリットが目立ってしまうから契約してない。
今はパケット定額が増えて自分で適当なWebサイトを見に行けばいいと言うのもうなずける。

でもトクだねニュース便はメッセージRが一日4回配信される。これだと電池は食わないけど、情報の新しさではiチャネルには及ばないし…。でもメッセージRだと保存しておけるのであとで見返すことが出来る。でもパケット代がかかるのがちょっと。まあテキストデータだからたかが知れているんですが。

ドコモでプッシュ配信が欲しい人は、むしろこの機会にトクだねニュース便を検討してもいいのかも。

まあiチャネルの契約者が多いのはmova→FOMAの契約変更や買い増しとかで値引きの条件として付けられた人が多いからじゃないかと思いますがw

« ココロのひみつ日記(2008年12月21日) | トップページ | 「魔法少女アイ参」は「可愛い我が娘」であったか »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/26382378

この記事へのトラックバック一覧です: あえてトクだねニュース便のメリットを考える:

« ココロのひみつ日記(2008年12月21日) | トップページ | 「魔法少女アイ参」は「可愛い我が娘」であったか »