« ココロのひみつ日記(2008年12月15日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年12月16日) »

ソフトバンク、回収不能の恐れがある割賦債権などが急増

ソフトバンク、携帯の貸倒引当金が急増 -IT PLUS

ソフトバンクの携帯電話事業で貸倒引当金が急増している。2008年9月末の残高は810億円と1年で500億円弱膨らんだ。09年3月期末には1000億円近くに達する可能性がある。端末の割賦販売が拡大、景気悪化も背景に回収不能の恐れがある割賦債権や通話収入 が増えているため。割賦は販売費用の削減に寄与したが、貸倒引当金の増加は営業利益の下押し要因となる。

 携帯電話事業の貸倒引当金残高のうち、端末の割賦販売関連で約500億円を占める。今年4―9月で約100億円増え、下半期もさらに80億円前後増える見通し。通話収入に対する貸倒引当金の増加も大きく、4―9月で約110億円増え、残高は約310億円となった。 下半期も100億円前後増える可能性がある。

 貸倒引当金の新規繰り入れは営業費用に計上され、営業利益を圧迫する。4―9月期では約210億円、09年3月期通期では390億円前後となる見通しだ。

そりゃあソフトバンクは本人確認がザルなので有名だし。さすが振り込め詐欺犯御用達携帯。( http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/200951/ )

また経営不安説が再燃か?w

« ココロのひみつ日記(2008年12月15日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年12月16日) »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/26213169

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク、回収不能の恐れがある割賦債権などが急増:

« ココロのひみつ日記(2008年12月15日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年12月16日) »