« ココロのひみつ日記(2008年11月16日) | トップページ | デートしたいアニメキャラって男性は決めづらいのか? »

更迭された神田高校の渕野辰雄前校長復帰を求める声

【神田高校問題】「校長先生を現場に戻して」「服装で合否判断は正しい」 保護者や生徒が署名活動と嘆願書 -ゴールデンタイムズ速報

神奈川県平塚市の県立神田高校が入試で服装や態度がおかしい受験生を不合格とした問題で、 更迭された渕野辰雄前校長(55)を学校現場に戻そうと 保護者や生徒らが16日までの予定で署名活動を実施、週明けに松沢成文県知事と山本正人教育長あてに嘆願書を提出する。
前校長は教頭時代から同校建て直しに取り組み、信頼を得ていた。
多数の中退者など生徒指導に悩む学校現場。同校だけの問題ではない。
(中村智隆、鵜野光博、福田哲士)

11月15日22時53分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000574-san-soci

やっぱりこうなるよな。

■建て直しの矢先

同校保護者らによると、以前の同校は校内に飲食物が散乱し、喫煙やいじめ、盗難などが絶えなかった。
近隣の公民館やコンビニエンスストアなどには「神田高生の立ち入り禁止」の張り紙が出され、アルバイトを断られたり、バスに乗せてもらえなかったことも。
中退者は全校生徒約350人に対し、年間100人。謹慎処分を受ける生徒も絶えなかった。

これはひどい。改めてこういうのを底辺校、教育困難校と言うのだなと。

しかし、平成15年になるとこの状況に変化が見え始めた。教頭だった渕野前校長と前任の校長が「まじめな生徒が下を向いて歩いているようではいけない」と具体的な対策を取り始めたのだ。
学校と生徒・保護者の緊密な連絡と親身な対応▽ごみ拾いを兼ねた校内の見回り▽部活動・同好会の奨励▽学校便りの地域での回覧-など。PTAや地域も賛同、教職員と取り組んだ。
その結果、校内からごみが消え、生徒たちはあいさつをするようになってきた。地元の警察は「指導件数が減った」と舌を巻き、大学や専門学校に進む生徒が増えてきたという。
部活動も活発になり、チームが組めないほどだった野球部は、18年には公式戦で10年ぶりの勝利を飾った。

こうやって見ると「学問に王道なし」というか、楽して一発でどうになかなる訳でなく、長い積み重ねを経てきた成果として直近(更迭直前)の評価に繋がったんですね。

元教育再生会議委員で神奈川県教委の教育委員を務める渡辺美樹・ワタミ社長は
「神田高は3、4年前は非常に荒れており、入った生徒が半分以上辞めてしまう大問題の学校だった。(渕野前校長は)県教委が送り込んだ校長で非常にがんばってくれ、みるみるうちにいい学校にしてくれた」と高く評価する。
県教委の説明では、渕野前校長は「ピアスや金髪、丈がおかしいスカートなど、『この高校に入りたくない』という態度を前面に出しているような生徒をなぜ入れなければならないのか」と話したという。

だな。敢えて今改めて服装の乱れは心の乱れと言うことを徹底させないといけません。

しかしこの教育委員会は本当にダメだな。明文化されたものだけを金科玉条のごとく盲目的に守り、それから逸脱したら×をつけるんだったら誰でもできるわw

 

« ココロのひみつ日記(2008年11月16日) | トップページ | デートしたいアニメキャラって男性は決めづらいのか? »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/25391058

この記事へのトラックバック一覧です: 更迭された神田高校の渕野辰雄前校長復帰を求める声:

« ココロのひみつ日記(2008年11月16日) | トップページ | デートしたいアニメキャラって男性は決めづらいのか? »