« ココロのひみつ日記(2008年11月30日) | トップページ | 12月01日のココロ日記(BlogPet) »

KDDIがauショップに対する支援強化

KDDI、「auショップ」支援を大幅強化 会員制や奨励金、細かに販促 -ITmedia +D mobile

KDDIが、販売代理店「auショップ」支援を大幅強化する。ショップ別に顧客向け会員制度を導入し、店舗が顧客の購買履歴などに合わせ、きめ細かな販促活動が行えるようにするほか、契約獲得時の奨励金支払い制度も拡充する。端末市況冷え込みを受け、業績悪化が懸念される代理店支援を強化する一方、顧客の囲い込みにもつなげる狙いがある。

 まず店舗向け会員制度を年初に導入。店舗ごとに顧客情報を詳細に管理できる体制を整えることで、顧客のニーズにあった販促活動を店舗自らが行えるようにする。

 例えば、本体の外側を取り替えてデザインを変更できる端末の購入者には、auショップが新デザイン発売時に直接ダイレクトメールを送るなどの販促活動を想定している。

 KDDIにとっても戦略商品が売り込みやすくなるメリットがある。対象商品の購入やサービス申し込みにつながった場合は、KDDIは店舗への報奨金を手厚くする方針。同様の制度は、NTTドコモが2004年から導入している。

「ドコモマイショップ」の真似ですね、わかります。でも悪いことではない。ただ今後考えられるのはauショップで端末を買うときにその店の会員になることを値引きの条件に持ってくることかな。ドコモではよくあること。

>本体の外側を取り替えてデザインを変更できる端末の購入者には、auショップが新デザイン発売時に直接ダイレクトメールを送る
どう見てもreのことだな。ソニエリのStyle-upパネルなんかと違って交換はauショップまで持っていく必要がある上に作業料取られるのが嫌だな。

KDDIは来夏をめどに、契約に伴う販売手数料支払い期間などについても見直す。KDDIは現在、店舗が契約を獲得した後、アフターサービスなどの名目で基本的に6年間手数料を支払い続けているが、その期間を延ばす方針だ。契約者が2台目の端末を購入した場合、手数料を倍増させるなどの施策も検討している。

幹部が「うちは長期利用者が少ない」と公言したのはどこのキャリアだったかな?w

他社は「現時点では特に支援強化は検討していない」(NTTドコモ)、「販売店との契約内容は公開できない」(ソフトバンクモバイル)などとしているが、販売店支援が重要とする認識は各事業者とも一致している。ただ、店舗支援は大幅な支出拡大に直結するだけに、その度合いは事業者の経営体力により“格差”が生じる可能性も高い。

まあドコモはずいぶん前からやってきたから今更ではあるんだろう。何も考えてない訳ではないだろうけど。
ソフトバンクはもうねw 代理店にお前ら死ねと言ってるのと同じ。ソフトバンクショップはとにかく「月980円で無料通話」しか見てなかった人が多すぎてクレームが山積みなのに支援は無しとか悲惨すぎる。

もともとソフトバンクは参入当初からキャリアショップを減らして量販店に注力する方針だったから仕方ないか。

« ココロのひみつ日記(2008年11月30日) | トップページ | 12月01日のココロ日記(BlogPet) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/25787278

この記事へのトラックバック一覧です: KDDIがauショップに対する支援強化:

« ココロのひみつ日記(2008年11月30日) | トップページ | 12月01日のココロ日記(BlogPet) »