« ココロのひみつ日記(2008年11月6日) | トップページ | Yahoo!「金を払わなければブリーフケースのデータは削除する」 »

ソフトバンク、iPhone契約キャンセル不可の撤回を求められる

消費者団体がiPhone契約キャンセル不可撤回を求める -ケータイWatch

NPO法人の消費者機構日本は、10月28日付けでソフトバンクモバイルに対して、「iPhone 3G契約」に関する申し入れ書を送付したと発表した。

 発表によれば、ソフトバンクモバイルは、iPhone 3Gの契約に際し、ユーザーに配った書類上で「キャンセルは受付いたしませんので、ご注意ください」などと記していた。また、同団体に寄せられたトラブル 報告では、「iPhone 3Gを購入したが突然アクセスできなくなったりメールが送受信できなくなったりした。購入3日後に解約しようとしたが端末代金の残金を一括で支払わなけれ ば解約できないと言われた」「店舗で、自宅周辺のサービスエリアは5段階評価で最高レベルと確認していたが、実際には電波受信状態が非常に悪かった」と いったものがあった。

説明と実態が違う。そんなことロス SBMじゃ日常茶飯事だぜ。

こういった事例に対して、消費者機構日本では「3Gのサービスエリア内でiPhone 3G以外の機種では利用できるのに、iPhone 3Gのみ通信が途切れるのであれば、iPhone 3Gの機能に瑕疵があるということ。そのことを店頭で知らされなければ、ユーザーは瑕疵があるかどうかわからず、民法570条の『隠れたる瑕疵』となる」 と指摘。書類の「キャンセルできない」という文言を削除して、キャンセルできる旨を表記するよう要望したほか、これまで利用できた自宅でも圏外になってし まう、といったことを確認した後、ただちにiPhone 3G売買契約を解除できるよう販売店に指導することを求めている。回答期限は11月18日。

 これに対し、ソフトバンクモバイルでは「店頭では販売代理店が配っていたものと、当社が配っていたものでキャンセルできないという表記があっ た。代理店側が配っていたものは、実態と異なり、表現上でも行きすぎた面があると判断し、既に配布を止め、代理店にも指導した。また当社の資料は表記が不十分と考えており、今後どうすべきか検討していく」とコメント。

正直クレーマーっぽい気もするけど、改悪続きのSBMには痛い目を見て欲しいw

« ココロのひみつ日記(2008年11月6日) | トップページ | Yahoo!「金を払わなければブリーフケースのデータは削除する」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/25085276

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク、iPhone契約キャンセル不可の撤回を求められる:

« ココロのひみつ日記(2008年11月6日) | トップページ | Yahoo!「金を払わなければブリーフケースのデータは削除する」 »