最近のトラックバック

« ココロのひみつ日記(2008年9月7日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月8日) »

女性専用は個人主義を超えた!?

図書館にも「女性専用席」、ホームレスや痴漢対策で…田嶋陽子氏は批判 -痛いニュース

東京都内の図書館で、女性専用・優先席を設ける動きが広がっている。現在のところ、23区内220館のうち8館で実施。

台東区の中央図書館。4月から設けられた「女性専用席」に女性が2人腰掛け、料理雑誌を読んでいた。周りの棚にはファッションや子育てなどの女性向け雑誌が並ぶ。台東・荒川の両区には日雇い労働者やホームレスが多く滞在する通称・山谷地区がまたがる。雨天や暑さ寒さが厳しい時は朝からホームレスが図書館の前で開館待ちをしているという。

荒川区の南千住図書館。昭和63年と都内で最も早く女性専用席を設置、平成10年に移転してからも9席の女性専用席を「女性コーナー」として継続している。

「飲酒したホームレスが大勢くると空調では対応できないほど全体が酒臭くなる」と職員。移転前はさらにひどく、「ホームレスが席を占領して利用したくても近寄れなかった。ケンカ、居眠り、床に座りこむ…。声をかけるとよく殴られた」と振り返る。女性から「怖い」いう苦情が殺到したことから設置したという。

一方、江東区の東雲図書館などは「痴漢が出たから」とした。いずれもここ10年以内に設置しているが、「苦情がでたからといっても利用拒否はできない。多くの人に快適に利用してもらいたい」(葛飾区のお花茶屋図書館)という「苦肉の策」として設置されたのが共通している。
(中略)
女性学研究家、田嶋陽子さんも「女性の言うことを聞くことが男女差別解消になると誤解した行政の典型だ。そもそも、体臭のことをいうこと自体が差別で、行政がその片棒を担いではならない。もっと工夫すべきだ」と疑問を呈する。(抜粋)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000909-san-soci

田嶋陽子に釣られて見てみればどうしたことか、まともなことを言っている…何があったんだw

「女性の言うことを聞くことが男女差別解消になると誤解」してる人は多いよなぁ。根底にあるのは女性は常に弱者であり被害者である、という考えなんでしょう。

もちろんそれを全否定はしないけど、唯々諾々と片方の意見だけを聞いていては平等にはならない。

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

« ココロのひみつ日記(2008年9月7日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月8日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/23576455

この記事へのトラックバック一覧です: 女性専用は個人主義を超えた!?:

« ココロのひみつ日記(2008年9月7日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月8日) »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ