« ココロのひみつ日記(2008年9月3日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月4日) »

人生に役立つかもしれないズル休みについての知識

ズル休みをするときの注意点6つ -GIGAZINE

1.メールではなく、必ず電話で欠勤する理由を伝えること。
メールでは信憑性が薄いため、ウソをついているように見えてしまうとの事。電話の方が少しは本当のように聞こえるため、極力電話で伝えるのが良いそうです。特に日本では、メールで欠勤を伝えるなど言語道断。逆に怒られてしまいます。

そもそもメールでその手の連絡が出来る会社って少数派じゃないのかな?IT系なら出来て当然なんでしょうけど。

2.あまり詳細な内容は話さない
あまり多くのことを語ると逆に疑われるとの事。またウソで内容を固めてしまうため、多くの事を語ると矛盾点が出てきやすく、さらに危険になる。

嘘がばれるときは大抵自分でばらしてしまっていることが多いんですよねー。
沈黙は金、雄弁は銀。語るに落ちる事なかれ。

3.食あたりはいいわけとして使いやすい
変わった理由ではないので、いいわけとしては使いやすい。食あたりの場合、なぜ調子が悪いのか本人すら特定が難しいので、上司も深く突っ込むことができない。

ヽ( ゚ω゚)ノ なるほどー
これはパーフェクトw 食あたりで突然下痢になったりというのはよくあるし、原因は自分にも分からないですよね。

4.ズル休みした日の出来事をSNSに書き込まない
ズル休みした日の行動が知り合いに分かり、ズル休みしたことがばれてしまう。そのことが上司にばれたら最悪です。

これは…言える。ネットは誰が見てるか分からない公開のメディアだって事をつい忘れて痛い目に遭う例。mixiなんかも誰が見ているやら…。

5.翌日、新しい服を着ていったり、派手な格好をしてはいけない
欠勤した次の日は、少し疑いの目で見られるため、ずっと家で寝ていたように装わなければならない。新しい服など着ていくと買い物に行っていたと思われる可能性があります。

元記事のURLが「http://www.asylum.com/2008/09/02/how-to-take-a-sick-day-when-youre-not-sick/」。
「病気でない日に病気になる方法」だからこうなるんでしょう。

6.ズル休みをするのであれば、火曜日か水曜日にするのが良い
会社には不可解な欠勤の波があり、土日の休み明けに欠勤する人が結構多いようです。その波に乗っからないように休みを取るようにするのが良いとのこと。

どうしても連休にしたくなるのが人情だから…分かっちゃいるけど難しいw

どちらにしても、あまりズル休みをしすぎると必ずバレてしまいます。また、他の人に迷惑がかかるので、実行するにしてもホドホドにしましょう。

まあそういうことですね(苦笑)

実録現役サラリーマン言い訳大全 (幻冬舎文庫 い 31-1) Book 実録現役サラリーマン言い訳大全 (幻冬舎文庫 い 31-1)

著者:伊藤 洋介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

« ココロのひみつ日記(2008年9月3日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月4日) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/23470321

この記事へのトラックバック一覧です: 人生に役立つかもしれないズル休みについての知識:

« ココロのひみつ日記(2008年9月3日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月4日) »