« ココロのひみつ日記(2008年9月28日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月29日) »

はじめてのビームサーベル

Air Shock Battle 1/12 ビームサーベル Toy Air Shock Battle 1/12 ビームサーベル

販売元:バンダイ
発売日:2008/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑を買ってきました。

事前情報無しで、店頭で見てお買い上げ。
早速遊んでみた感想を。
(※擬音が分かりづらいと思いますが、ガンダムのSEを思い出してくれれば…)

簡単に言うと、これを握って振り回すと、音と振動、光でガンダムのビームサーベル気分に浸れるという代物。TVやゲーム機に繋ぐわけではなく、これ単体で遊びます。

遊び方は至って簡単で、Wiiリモコンと同じようなストラップ(最初から装着済)に手を通して、握る側(長い方)に付属のゴムリングを装着して本体を持ち、電源を入れると「ブィン」というビームサーベル起動音ともに振動します。待機時は「ギュイン、ギュイン」という音が出ます。ちなみに音は底部のスピーカーから出ます。音質はまあまあ。音割れもさほど感じません。

通常モードではサーベルを振ったときに対象物にセンサーが反応すると「ジャキーン」という斬るときの音がし、対象物に反応しないと「ブン」という空振りの音。突きをするとまた違う音が出ます。

また、攻撃直後の体勢でしばらく動かさずにいると、「タメ音」が出ます。「ドドーン、ドドーン」という爆発音(マニュアルでは敵MSに突き刺さっていく音と説明)の後、スパー久音がするので、その瞬間に引き抜いたり振り切ると爆発音がして撃破したことになります。

ちなみにこの「対象物」は頭部センサーから約80cmのものに反応します。マニュアルによると「色や材質、細い物や薄い面、インバーター蛍光灯や野外の直射日光下」では誤作動や反応が鈍くなると書いてあるので、赤外線を使っているようです。

通常モードの他に、「格闘モード」と「シナリオモード」があり、「格闘モード」は通常モードに比べて効果音や振動を強調したモード。また、通常モードと違い、対象物が無い場合は空振り音ではなく、つばぜり合いの金属音が出ます。空振りがないので、ひたすら振り回したいときにぴったり。

「シナリオモード」では初代ガンダムの劇中のシーンをイメージしてアムロの声と効果音が再生されます。台詞と効果音の後に「キュルルーン」という警告音(敵が来た時のあれ)が鳴るので、その瞬間にサーベルを振ります。上手くいくと俗に言う「ニュータイプ音」が鳴ります。タイミングを逃すとギレン総帥の声で「あえて言おう、カスであると!」と言われます(´・ω・`)
シナリオモードをクリアしていくと、通常モードでもニュータイプ音が鳴るようになります。
シナリオモードの詳細は以下の通り。

レベル1 「 ガンダム大地に立つ!!」 VS ザク
台詞 「武器はないのか、武器は!」
攻撃音 ザク・マシンガン

レベル2 「ジオンの脅威」 VS グフ
台詞 「ええい!どうせあと1回くらいしか撃てないんだ!」
攻撃音 ヒート・ロッド

レベル3 「迫撃!トリプル・ドム」 VS ドム
台詞 「モビルスーツめ、先にホワイトベースをやるつもりか!」
攻撃音 ジャイアント・バズ

レベル4 「ジャブローに散る!」 VS ズゴック
台詞 「赤い色のモビルスーツ、シャアじゃないのか!?」
攻撃音 メガ粒子砲

レベル5 「恐怖!機動ビグ・ザム」 VS ビグ・ザム
台詞 「005か、スレッガー中尉、さすがだな」
攻撃音 大型メガ粒子砲

レベル6 「エルメスのララァ」 VS エルメス
台詞 「とんがり帽子だな!」
攻撃音 ララァ共鳴音

レベル7 「宇宙要塞ア・バオア・クー」 VS ジオング
台詞 「こう近づけば四方からの攻撃は無理だな、シャア!」
攻撃音 メガ粒子砲

レベルが上がるほど反応速度の判定が厳しくなります。

電池交換については不満。単4電池3本で駆動(USBアクセサリじゃあるまいし…)するんですが、まず電池蓋を開けるために専用のパーツ(棒)が付いているので、これを使って小さなロックボタンを押しながら蓋をスライドさせないと開きません。もっとも無くしてしまった場合でも、伸ばしたゼムクリップとかでも開きそうです。

電池は中に独立した電池ボックスがあるので、そこに単4電池3本を入れます。LEDライトによくある構造。電池をセットしたら上下の向きを確認して本体に入れて終了。
正直面倒ですが、握って振り回す物なので安全性の観点からこうなったんじゃないでしょうか。次があるならもう少し簡単に交換できるといいんですが。

あと、電池交換するとシナリオモードをクリアしたときの、通常モードでもニュータイプ音が鳴るという設定は消去されるので、改めてシナリオモードをクリアする必要があります。対した手間ではないけど、ちょっとイラっとさせられそう。

とはいえ、専用の置き台も付いてくるし、付属パーツで1/12 HY2M RX-78-2 ガンダムに取り付けておくことも出来る(私はとても手が出ませんが…)ので買い得感はあるし、童心に帰れるおもちゃらしいおもちゃなのでおすすめ。

HY2M HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM Toy HY2M HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM

販売元:バンダイ
発売日:2006/12/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

« ココロのひみつ日記(2008年9月28日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月29日) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

時計・小物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/24098457

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのビームサーベル:

« ココロのひみつ日記(2008年9月28日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年9月29日) »