最近のトラックバック

« 俳句の日 (今日のテーマ) | トップページ | ココロのパン、先行販売分は完売? »

「余暇の全体主義」という幻想について

10~30代の若者、遊びが「貧困化」。携帯、ネット、ゲームに時間使う若者増加 …レジャーにも「格差」が -痛いニュース

若者の余暇の過ごし方が「貧困化」していることが、社会経済生産性本部の08年版「レジャー白書」で分かった。余暇の楽しみ方の種類が、10代は10年間で3割近く減った。生産性本部は、将来のレジャー産業の市場規模を縮小させる可能性があると指摘している。
(中略)
白書は、若者が携帯電話のメールやインターネットに時間を割き、「余暇スタイルに大きな変化が生じている」と分析。賃金の抑制によって可処分所得が増えず、親が子に様々な経験をさせていないことも、余暇の過ごし方の「貧困化」を招いた一因と指摘している。

とりあえず「親が子に様々な経験をさせていない」というのは分かる。子供の時に外で遊んだ経験はしておいて損はないと思う。

一方、07年は06年と比べると、国内観光旅行が伸び悩んだ。動物園、遊園地など近場の行楽は人気で、新型ハードが好調だったテレビゲームをして過ごす人も増えた。余暇の時間や費やすお金については、派遣やパート労働の増加や団塊世代の退職などを背景に、「ゆとり」が増える人と減る人の二極化がみられ、「格差が広がってきている状況がうかがわれる」としている。
http://www.asahi.com/national/update/0816/TKY200808160290.html

でも「格差」でひとくくりにするのは違わないか?余暇に金を掛けない奴は貧乏人とな?そもそも「安近短」なんて相当前から言われていた傾向だし、『夏休みは安近短どころか「家にいる」が急増』( http://news.livedoor.com/article/detail/3758142/ )って記事も出ていたんだから今更過ぎる話。

単純に多様化しただけだろと。みんながみんな同じ時期に同じ所に行って同じ思いをする、いわば余暇の全体主義が終わっただけ。

余暇事業の戦後史―昭和20年から平成15年まで 21世紀の生涯学習と余暇 (21世紀の生涯学習と余暇) Book 余暇事業の戦後史―昭和20年から平成15年まで 21世紀の生涯学習と余暇 (21世紀の生涯学習と余暇)

著者:瀬沼 克彰
販売元:学文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

« 俳句の日 (今日のテーマ) | トップページ | ココロのパン、先行販売分は完売? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/23093252

この記事へのトラックバック一覧です: 「余暇の全体主義」という幻想について:

« 俳句の日 (今日のテーマ) | トップページ | ココロのパン、先行販売分は完売? »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ