« ココロのひみつ日記(2008年8月2日) | トップページ | auの通信規制が情けなさすぎる。 »

履歴書に嘘の品格

履歴書に嘘発見、人事担当者の約半数 -ITmedia News

企業の採用責任者の約半数は、求職者の履歴書に嘘を見つけたことがある――就職情報サイトCareerBuilder.comが、このような調査結果を発表した。
(中略)
履歴書で「真実を誇張したことがある」と認めた労働者がわずか8%だったのに対し、採用責任者の49%が、履歴書の虚偽を見つけたことがあると報告してい る。嘘を見つけた採用責任者のうち、57%は自動的に採用を断ったという。36%は、嘘をついた求職者の採用を検討したが雇わなかったと答え、採用したと答えたのは6%だった。
(中略)
最も多く嘘が見られたのは、「職務内容(38%)」「スキル(18%)」「雇用の時期(12%)」「学位(10%)」「以前の勤務先(7%)」「肩書き (5%)」だった。業種別で見ると、接客業が最も履歴書に虚偽が見られ(60%)、運輸・公共事業(59%)、IT(57%)がそれに続く。最も低いのは 政府機関で45%だった。

バレた嘘は無意味どころか逆効果だしね。前に何をしていたか(特にプラスになるであろう要素)を誇張するのはある意味基本ではあるんだけど。

CareerBuilder.comの人事責任者ローズマリー・ハフナー氏は「ちょっとした誇張でも信頼を損なう可能性がある。スキルや経歴に不足があると心配しているのであれば、嘘は解決策にならない」と語る。同氏は求職者に対し、印象に残る履歴書を作るためのアドバイスとして、具体的な成果を強調することや、履歴書の自動スキャンでよく検索される「問題解決と意思決定のスキル」「口頭および文書でのコミュニケーション」などのキーワードを含めることを勧めている。

うーむ、上手く隠しおおせたとしても採用された後が大変だろうし…しかし「問題解決と意思決定のスキル」「口頭および文書でのコミュニケーション」ってすごく幅広くて曖昧な気がする…。まあみんなこれで悩むからこそ売りにすべきなのか?

また、採用責任者に「これまでで一番とんでもない嘘」は何だったか尋ねたところ、「ケネディー家の一員を自称」「他人の写真付きで履歴書を提出」「時間給労働者だったのにCEOと書いてあった」「生まれる前にあった戦争に参加したと主張」「100%白人なのにヒスパニック系を自称」「自称元プロ野球選手」 といった答えが挙がったという。

これはひどいw むしろここまで開き直った嘘なら見逃してやれよ、って無理かw

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

 超速マスター!Eメール・履歴書・エントリーシート成功実例集 ’10年度版 超速マスター!Eメール・履歴書・エントリーシート成功実例集 ’10年度版
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2008年8月2日) | トップページ | auの通信規制が情けなさすぎる。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22734705

この記事へのトラックバック一覧です: 履歴書に嘘の品格:

« ココロのひみつ日記(2008年8月2日) | トップページ | auの通信規制が情けなさすぎる。 »