« ココロのひみつ日記(2008年8月1日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年8月2日) »

凛としてメール破産

受信ボックスに300通、「電子メール破産申告」も――メール中毒実態調査 -Business Media誠

今や半数近くの人が電子メール中毒で、休み中でも仕事のメールをチェックしてしまう――米AOLが今年で4回目になる米国電子メール中毒実態調査の結果を発表した。

 調査に参加した約4000人の米国の電子メール利用者のうち、自分が電子メール中毒だと答えたのは46%と、前年の15%から大幅に増えた。1日に4回以上メールをチェックする人は、前年の45%から51%に拡大している。メールチェックの回数が1日に10回を超える人は5人に1人。

 仕事で電子メールを使っているユーザーのうち、62%は週末にも仕事のメールをチェックしているという。さらに、休暇中も仕事のメールをチェックしなければならないと感じている人は28%、19%はバケーションの行き先として電子メールにアクセスできる場所を選んでいる。

これはあまり良くないなぁ。何でもかんでもメールで済ませるとなると、重要度による分類がしづらくなると思う。急ぐ物は電話の方がいいし、文字で伝える必要があるときはメールやFAXを送った後にやっぱり電話。

本来インターネットメールは機密性も低いし、届く保証はどこにもない。だからメールを使うという時点でたいした用事ではないはずなんです。

それより何より、休み中くらい仕事の事は忘れろよ…。切り替えが肝心。

また電子メール利用者のうち20%は、受信ボックスに300通を超える電子メールがあるという。大量の電子メールを処理しきれないため、メールを全部消去して新たに出直す「電子メール破産申告」を実行した、あるいは真剣に検討している人は27%に上った。

それも一つの手かもね。それで「消えちゃったんでもう一度送って」と言って、それで送ってこない場合はその程度の用事だったと。

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

「捨てる!」技術 (宝島社新書) Book 「捨てる!」技術 (宝島社新書)

著者:辰巳 渚
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2008年8月1日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年8月2日) »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22710633

この記事へのトラックバック一覧です: 凛としてメール破産:

« ココロのひみつ日記(2008年8月1日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年8月2日) »