« ココロのひみつ日記(2008年8月7日) | トップページ | 毒餃子、中国に言われて公表せず »

ホップ、ステップ、mova終了

ドコモ、FOMAへの移行を加速――11月末でムーバの新規受付終了 -ITmedia +D mobile

NTTドコモは8月7日、同社が2G(PDC)ネットワークで提供している「ムーバ」の新規受付を11月30日をもって終了すると発表した。ムーバの契約数は7月末時点で約813万と減少が続いており、同社では3GサービスのFOMAに経営資源を集中させるとしている。
(中略)
なお、ムーバの新規申込受け付けを終了するのにともない、8月8日以降にムーバからFOMAに契約変更するユーザーには、契約事務手数料2100円を無料にする。新規申し込み受け付けの終了に合わせて、ドコモプレミアクラブ会員向けに提供している「電池パック無料サービス」も、ムーバ端末のものに関しては11月30日をもって終了する。

来るものが来た。元から周波数再編の関係上、遅くとも2012年には終了することは決まっていたわけで、それをいつ正式にアナウンスするかというだけの話でした。

最初の巻き取り策は契約事務手数料無料化と、電池パック無料サービスの打ち切り。つまりはアメとムチ。PHSやシティフォン/シティオの巻き取りでは最終的に最新端末の無料提供というのがあったので、今回もそうなるんじゃないだろうか。

今日発表のTCAでは7月時点でのmova契約数は813万4400。先月比にしてマイナス29万4400。それに対してFOMA契約数は4558万8500。単純計算でmovaが全体に占める割合は約15%。とは言ってもmovaユーザーは携帯に頓着しない人が多そうなので、SBMのように猶予期間2年とか言う訳にもいかないでしょう。同じ2GでもSBMよりは圧倒的に多いわけだし。

となると、シティフォン/シティオの時みたいに停波は4年後、つまり2012年じゃないかなぁ。4年後の無料端末目当てに今からmovaを契約するのはあまり賢くないかな(笑)

あとデュアルネットワーク(FOMAとmovaを同じ番号で使える)についてはまだ発表がないのがちょっと気がかり。私も以前契約してましたが「FOMAで圏外、movaで圏内」というところが無かったので、半年ほどで解約しました。今はmovaとFOMAのエリア差もほとんどないのを実感。4年掛けてじっくりと移行すればいいかと。

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

ケータイの未来 Book ケータイの未来

著者:夏野 剛
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2008年8月7日) | トップページ | 毒餃子、中国に言われて公表せず »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22848865

この記事へのトラックバック一覧です: ホップ、ステップ、mova終了:

« ココロのひみつ日記(2008年8月7日) | トップページ | 毒餃子、中国に言われて公表せず »