« ポイントカード (今日のテーマ) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年8月4日) »

「ナルキッソス」MF文庫Jで発売

リアル書店は使わない私が、家族の買い物中時間潰しに書店に入ってみると、ライトノベルコーナーに片岡とも氏の「ナルキッソス」を発見。

今になって氏の同人サークル「ステージなな」を見てみると、7月25日発売だそうで。実はちょうど風邪をひいて寝込んでいたこともあり、全然気づきませんでした。

レーベルはMF文庫J。「ゼロの使い魔」「陰からマモル!」「かのこん」なんかで有名。2月にプレイして以来、改めて読みたくなって衝動的に買いました。普段は家に帰ってネットで発注なんですけど、それだけ読みたかったと。

MF文庫JのWebサイトの紹介文
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/books.php?id=19632

「……ただ、生命の尽きる場所」。ある冬の日に阿東優が入院した「7F」は、そういう場所だった。そのことを彼に告げたのは、長い黒髪を持つ同じ入院患者 の美少女。名前はセツミ、血液型O――手首の白い腕輪に書かれていたのは、ただそれだけ。他にわかることといえば、いつも不機嫌そうな顔をしているという ことと、優より年上なのに、まるで子供のような外見だということぐらい。最期の時を迎えるのは、自宅か7Fか。いずれの選択肢をも拒み、ふたりは優の父親の車を奪って走り出す。行き先も、未来さえも持たないままに――。人気ゲームクリエイター片岡ともが綴る感動のストーリー、待望の小説化!!

ナルキッソス1のノベライズ。さらに新キャラを追加し、加筆も行われているので、ゲームをプレイした人も楽しめます。私も楽しめました。新キャラと言ってもそこは片岡とも氏本人の手による物ですから、シナリオを崩したりはしません。むしろ読者の代理みたいな感じを受けました。

改めて読んでみると、生きるとか死ぬとかそういうことについて考えてしまう。読後感がなんとも後を引く作品。自分だったらどうするか?を考えるとしんみりしたり怖くなったり…。また、ナルキッソス1の前日談にあたるナルキッソス2の要素も取り入れられているので、これ一冊読んでおけば「ナルキッソス」というお話の概要はつかめると思います。

それでもっと突っ込んで知りたいと思ったら「ナルキッソス2」をプレイすることをおすすめします。
「ナルキッソス2」と「ナルキッソス1」は「ステージなな」からダウンロードできます。無料です。
ステージ☆なな

また、MF文庫JのWebサイトでは、Flashを使って冒頭を「立ち読み」することも出来ます。
( http://www.mediafactory.co.jp/files/d000155/ISBN978-4-8401-2365-5/index.htm )

〔MF文庫J〕ナルキッソス (MF文庫 J か 5-1) Book 〔MF文庫J〕ナルキッソス (MF文庫 J か 5-1)

著者:片岡とも
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以下独り言
しかしセツミ先生、メディア展開が進む度に美人になってるなw ライトノベルに美少女キャラは必須(偏見)だけど、あの年齢であの容姿は反則だろう…。これが「ナルキ」っていう話で出てくるとストーリー優先になるからあまりそういう気分にはならないし、なれないけど、イラストだけ拾って見るとすごい好みwww

« ポイントカード (今日のテーマ) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年8月4日) »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22755873

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナルキッソス」MF文庫Jで発売:

« ポイントカード (今日のテーマ) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年8月4日) »