« ココロのひみつ日記(2008年7月25日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月26日) »

全米が泣いたVistaの反撃の話

Microsoft,「Windows Vista」の広告キャンペーンを計画 -ITpro

米Microsoftは,発売から1年半過ぎた今もくすぶり続ける「Windows Vista」に対する誤解を晴らすため,数百万ドル規模の広告キャンペーンを計画している。このキャンペーンの目的は,米Appleによる悪名高い比較広告「I'm a Mac, I'm a PC」や,オンライン技術評論家の不勉強に端を発する不正確な情報を払拭することだ。
(中略)
Microsoftが展開しようとしている広告キャンペーンの中身は,まだほとんど分かっていない。同社はWindows Vistaのプロモーションに約3億ドルかけ,広まってしまった誤解を「かつて,誰もが地球は平らだと信じていたのと同じ」といった決め台詞で正し,Windows Vistaを批判する人たちに正しい情報を与えようとしている。オンラインだけでなく従来メディアも使い,大規模なキャンペーンを実施する。

Microsoftは「早い段階で(Windows Vistaを)使ったユーザーのごく一部が失望したことは知っている」と認めた。「プリンターで印刷できず,ゲームは異常に遅くなった。ユーザーからときおり強い調子で,『最新のWindowsは,Microsoft製品に対する高い期待に必ず応えてくれると限らない』との意見をいただいた。当社の目標は,常に先代Windowsより優れた新版を作ることだ。この目標はWindows Vistaで実現できたと信じている」(同社)

今Vistaを使っている身としては「それほど悪くないよ?」というのが感想。もっともAthlon 64 X2 4200+ のPCにRAMを4G、GPUもGeforce8500を使っているので、それなりのマシンパワーがあるからでしょうけど。

ただ、XPを使っている友人に「Vistaに買い換えようかと思ったんだけど背中押して?」と言われてとハタと困ったのも事実。XP機も併用しているとなおさら。正直見た目(Aero)が綺麗なのと、サイドバーガジェットが面白いとかその程度しか浮かばない…。

かと言ってVistaがダメかというとそういうわけでもないのでさらに困る。可もなく不可もなし。起動が速くなったとは思いますが。マシンパワーの問題もあるでしょうけど、XPの起動よりは速いですよ。スリープを使えばさらに速いし。

不満を感じないというのが十分快適ってことかも。

【送料無料】【通常在庫品】 マイクロソフト Windows Vista Home Premium SP1 アップグレード版 特別優待パッケージ 66I-02893 【送料無料】【通常在庫品】 マイクロソフト Windows Vista Home Premium SP1 アップグレード版 特別優待パッケージ 66I-02893

販売元:サンテクダイレクトショッピング
楽天市場で詳細を確認する

Buy a Mac (15 Ads in 1 Pack) HQ

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

« ココロのひみつ日記(2008年7月25日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月26日) »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22546927

この記事へのトラックバック一覧です: 全米が泣いたVistaの反撃の話:

« ココロのひみつ日記(2008年7月25日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月26日) »