最近のトラックバック

« ココロのひみつ日記(2008年7月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月13日) »

だれが「生体認証」を殺すのか

金融庁調べ:生体認証機能付きICキャッシュカードの普及率はわずか3% -ITmediaエンタープライズ

金融庁は、3月末時点でのATMおよびインターネットバンキングにおける認証方法などを調べた調査結果を公表した。

調査によると、ICキャッシュカードに対応するATMの普及率は63.9%。ICキャッシュカードの普及率は5.6%となった。生体認証機能付き ICキャッシュカードに対応するATMの普及率が33.2%だったのに対し、生体認証機能付きキャッシュカードの普及率はわずか3.1%だった。いずれの ICカードも対応ATMに対して普及率が低いことが明らかになった。

磁気ストライプ対応ATMがほぼ100%なのに対して、生体認証対応機がたったの63.9%しか対応してないということですね。そんな状況でわざわざ切り替える人はいませんて。

金融庁は「銀行はセキュリティ機能に優れた認証機能付きのキャッシュカードを商品として提供しているが、ユーザー側の認知度は低く、申し込みは少ない。ユーザーは誕生日などを暗証番号にしているケースも見られるなど、キャッシュカードに対するセキュリティ意識はまだ脆弱」とコメントしている。

暗証番号の決め方については考えないといけないけど、生体認証が普及しないのはユーザーのせいってのはどうなの?

そもそも使い勝手が悪すぎる。まず生体認証情報を登録するために銀行窓口まで出向かないといけない上に、有効期限が設定されていて、期限が到来したらまた銀行に行く必要がある。しかも生体認証ICカードに切り替えてしまうと、生体認証対応ATM以外では使えないのが致命的。それに今は無通帳タイプの口座が流行っているのに、無通帳タイプの口座は対象外とか。

それぞれ詳細は銀行毎に異なるけども、セキュリティのためと言われれば何でも許される訳じゃないぞ。

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

指紋認証技術―バイオメトリクス・セキュリティBook指紋認証技術―バイオメトリクス・セキュリティ

著者:星野 幸夫
販売元:東京電機大学出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2008年7月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月13日) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22246654

この記事へのトラックバック一覧です: だれが「生体認証」を殺すのか:

« ココロのひみつ日記(2008年7月12日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月13日) »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ