« ココロのひみつ日記(2008年7月9日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月10日) »

「初期費用」という宗教

イー・モバイル、約7万円を割り引く2年契約の料金プラン -ケータイWatch

イー・モバイルは、初期費用から6万9600円割り引く2年契約の新料金プラン「スーパーライトデータプラン にねんMAX」を10日より提供する。利用料は月額2900円~6880円となる。

 今回提供される「スーパーライトデータプラン にねんMAX」は、2年契約する代わりに、初期費用から6万9600円分の長期契約割引を適用するプラン。高価な端末を購入する際の初期費用を軽減するために導入されるとのことで、同社では「新プランを活用して、小型パソコンとイー・モバイルのデータ通信カードのセット、あるいはEM・ONE αを求めやすい初期費用で購入できる」としている。

通常のスーパーライトデータプラン(にねん)は48,000円分の長期割引を適用。同(新にねん)は24,000円の長期割引を適用。分かりにくいですね。
要するに契約解除料が違うと言うことです。

つまり、今回の「にねんMAX」で契約して、途中で解約すると、69,600円を24(ヶ月)で割り、それに残り月数を掛けた金額が契約解除料として請求されると言うこと。

例えば、12ヶ月で解約しようとすると、契約解除料は34,800円になります。
(新にねん)の場合は26,000円、(にねん)は13,000円なので相当高い。

利用料の下限が2900円というのも、この契約解除料と一致してますね。「にねんMAX」は簡単に言うとイー・モバイルに69,600円借り、24回分割払いする事に等しいので、69,800÷24=2,908.3333…2,900円。

従来の「スーパーライトデータプラン」では、期間拘束がないベーシックの場合は月額2000円~5980円となっているが、10日より提供される新プランでは月額2900~6880円の二段階制プランとなる。約3MB(2万3825パケット)分は無料通信分で、それ以上は1パケット0.042円で課金され、上限額が6880円ということになる。別途、事務手数料2835円は必要となる。2年間契約した後は、自動的に「スーパーライトデータプランベーシック」に移行する。

感覚的にはauのフルサポートコースみたい。初期費用を抑える(借金する)代わりに、それに見合った月額料金を払い、それを完済した後は端末代金を含まない料金で使えると。

ドコモのベーシックの場合は端末代金完済(二年後)でもバリュープランの料金にはならないのでちょっと違う。

確かに月額料金は高いけど69,600円借りればほとんど初期費用0円になってしまうなぁ。結局端末代とサービス代金が分離されても初期費用0円を求める人が多いからそれに応えたって事ですかね。

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

« ココロのひみつ日記(2008年7月9日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月10日) »

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

69,600÷24=2,900円ですよ

そうですねw
直させて貰いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22182963

この記事へのトラックバック一覧です: 「初期費用」という宗教:

« ココロのひみつ日記(2008年7月9日) | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月10日) »