« GW-9010購入 | トップページ | 再びのブログ通信簿 »

iTunesの音楽はLISMOの4分の1の価値だそうです

「LISMOにも優位性がある」 高橋 誠 KDDI取締役執行役員常務 -東洋経済

auの音楽配信サービスであるLISMO対応端末は稼働数1854万台と、幅広いユーザーにお使いいただいている。アイフォーンだと楽曲のダウンロードは無線LAN経由だが、LISMOは3Gのネットワークを使う。場所を選ばずにダウンロードできるし、最新楽曲数で優位性がある。音楽業界はアップルが大好きだが、LISMOも応援してくれている。最近でもサザンオールスターズの歴代楽曲の「着うたフル」を展開しているが、ものすごい人気で、これまで触れたことがない人が来ている。LISMOの課金は1曲420円だが、iTunesでは99セント。音楽の価値が4分の1と評価されているわけだ。権利者の価値を大事にしたいという思いが強いところは、LISMOのビジネスモデルを高く評価してくれるはずだ。

高橋誠氏は

「うちはドコモに比べると契約年数の長いユーザーが少ないからね。だから、(誰でも割が)できたんですよ。ドコモに比べれば痛みは少ない」
価格競争を仕掛け「最大の防壁」を自ら壊したドコモ -BusinessMedia誠)

の発言で「数が少ないから長期利用者を無視したのか」などの非難を受けている訳ですが、今回の発言もまたユーザーを馬鹿にした話。

LISMOの課金は1曲420円だが、iTunesでは99セント。音楽の価値が4分の1と評価されているわけだ。権利者の価値を大事にしたいという思いが強いところは、LISMOのビジネスモデルを高く評価してくれるはずだ。

やっぱりここですね。この記事を書いている時点でのUSドルは107.82円。おおざっぱに言えばiTMSは一曲105円と言うことでしょうけど、「4分の1」と言いたいがためにわざわざ日本のiTMSの最低価格が150円であることには触れずにアメリカ版iTMSの話をするのはずるいし、一般ユーザーから見れば「LISMOはiTMSの4倍の値段」と映るのが自然なのにどうしてこういう事を言えるんだろうか。

しかもサンプリングレートはiTMSが基本128kbpsなのに、LISMOはわずか48kbps。LISMOは記憶容量やネットワーク速度に限りのある携帯電話をターゲットにしているという事情を汲んでも、やっぱり質の劣る物を高く売っているのは事実な訳で、それに対して理解を求めるとかならともかく、iTMSは音楽の価値を4分の1にしか評価していないなどと言えるのか心底理解不能。

それにその4倍の値段を取ることによって生まれた差額はいったいどこへ行っているのかも不明朗だし突っ込みどころ満載ですよ。

ちなみにこの記事は「打倒!"ソフトバンク"iPhone--ドコモ、auの戦略(2)」という記事の中でのインタビューの一つとして載っていた物ですが、親記事は今更な内容ばかりなので割愛です(笑)

JASRACに告ぐ(晋遊舎ブラック新書 5) Book JASRACに告ぐ(晋遊舎ブラック新書 5)

著者:田口 宏睦
販売元:晋遊舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« GW-9010購入 | トップページ | 再びのブログ通信簿 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22570748

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesの音楽はLISMOの4分の1の価値だそうです:

« GW-9010購入 | トップページ | 再びのブログ通信簿 »