最近のトラックバック

« KCP+、6度目の不具合 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月19日) »

恐怖! IEユーザーには脆弱性がこんなにあった

「ユーザーの45%は、脆弱なWebブラウザーを利用」グーグルが報告 -ITpro

米グーグルは2008年7月16日、同社の公式ブログにおいて、Webブラウザーの利用状況に関する調査について報告した。それによると、同社サイトにアクセスするユーザーの45.2%は、脆弱(ぜいじゃく)性のあるWebブラウザーを使っているという。また、ブラウザーの種類別では、Firefoxの ユーザーの83.3%が最も安全とされるバージョンを使っているのに対して、Internet Explorer(IE)の場合には47.6%だったという。

ここで言う「安全とされるバージョン」とは最新版ではないWebブラウザー、あるいは最新のパッチを適用していないWebブラウザーだそうです。

2008年6月時点で、59.1%のユーザーが最新バージョンのWebブラウザーを利用していたという。ここでの最新バージョンとは、最新のメジャーバージョンのこと。例えば、Firefoxの場合にはFirefox 2(Firefox 2.0.0.x、調査時点ではFirefox 3は未公開)、IEはIE 7、OperaはOpera 9(9.x)が該当する。

このくだりが「45.2%は、脆弱性のあるWebブラウザーを使っている」の根拠ですね。少ないなぁ。

また、Webブラウザーの種類ごとの傾向も分析。それによると、Firefoxでは83.3%のユーザーが最新のマイナーバージョンを利用(図)。主要なWebブラウザーの中では、Firefoxのユーザーが最もセキュリティを気にしていると推測している。

次いで、Safariでは65.3%、Operaでは56.1%のユーザーが最新のマイナーバージョンを利用(あるいは最新のパッチを適用)。IEについては、修正パッチを適用しているユーザーは47.6%だったという。

Firefoxユーザーは自ら選択してインストールしているので、その分ブラウザに対するセキュリティ意識が高いんですね。SafariはほとんどがMacなので、その時点でPCに対する意識が高そう。しかしOperaのそれが低いのはなんでだろう。まあOperaの脆弱性を狙う人はあまりいないからいいのか?(ぉ

IEはもう言わずもがな。多くの人が使っているブラウザなのは事実で、その中にはブラウザのアップデートが必要だという事すら知らない人がいる上に、IE6に慣れているからIE7にしたくないという事情もあるんでしょう。あまりお勧めできませんが。

この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました。が、ユーザーの意識こそが脆弱性そのものなのかも。

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応 Book できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応

著者:小林 祐一郎,できるシリーズ編集部
販売元:インプレスジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« KCP+、6度目の不具合 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月19日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/22389198

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖! IEユーザーには脆弱性がこんなにあった:

« KCP+、6度目の不具合 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年7月19日) »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ