« ココロのひみつ日記(2008年6月20日) | トップページ | ドコモは改めてアップルに頭を下げるらしい »

誰か早く朝日を止めないと手遅れになる

朝日新聞「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」  -痛いニュース

今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。

「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。 約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、 鳩山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、 「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。

会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。 そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」 と朝日新聞の報道姿勢を批判した。

流石朝日、言っていい事と悪い事の区別も付かないとはね。刑事訴訟法には死刑は確定後6ヶ月以内に執行するという規定があるわけです。この規定の是非についてはまた別の話として、さしあたって法律に従って職務を遂行しているのだと言う事は棚上げですか。

そもそも法相、行政は死刑を執行するだけであって、死刑を言い渡しているのは司法であります。死刑に反対するのであれば、司法に対して裁判における量刑のあり方を問うであるとか、立法府たる国会に刑法、刑事訴訟法の見直しを求めるとかが本道であって、そこに力を注げばいいのに、何故行政にかみつくのか理解できない。

こういう無思慮な事ばかりしているから「朝日はチラシの包み紙」「朝日で正しいのは日付とラ・テ欄だけ」と言われてしまうという事が分からないんだろうなぁ。

これでも朝日新聞を読みますか? Book これでも朝日新聞を読みますか?

著者:山際 澄夫
販売元:ワック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(この記事のタイトルはホッテントリメーカーにより生成されました)

« ココロのひみつ日記(2008年6月20日) | トップページ | ドコモは改めてアップルに頭を下げるらしい »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/21773026

この記事へのトラックバック一覧です: 誰か早く朝日を止めないと手遅れになる:

« ココロのひみつ日記(2008年6月20日) | トップページ | ドコモは改めてアップルに頭を下げるらしい »