« 天袋に赤の他人が住んでいた話 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年5月30日) »

「妹にまとわりつかれて眠れないCD」の感想

「妹にまとわりつかれて眠れないCD」が到着したので早速聞きました。

トラック構成は以下の通り。

  1. 「由梨香」編(自意識過剰でブラコンの妹)
  2. 釘宮理恵フリートーク
  3. 「遥」編(説教臭くて小うるさい妹)
  4. 小清水亜美フリートーク
  5. 「芽衣」編(甘え方が過剰な妹)
  6. 清水愛フリートーク
  7. 「友紀」編(スポーツが大好きな妹)
  8. 斉藤千和フリートーク
  9. 「静香」編(ドジっ娘なのに世話焼きな妹)
  10. 中原麻衣フリートーク

「ドラマ→CVフリートーク」*5ということになります。

(「由梨香」編)
『妹にまとわりつかれて眠れないCD』由梨香(CV:釘宮 理恵)

くぎゅううううううううううううう!

…失礼。どうしても今「釘宮理恵=ツンデレ」なイメージが流行ってますが、私は最初に「釘宮理恵」っていう声優を認知したのは「HAND MAIDメイ」のレナ役からなので、今回のこれはレナに近いのでうは w おk www な感じでした。
最初に思い切り甘えられて、その後嫉妬して騒ぎ出すというのが大まかな流れ。
「うるさいうるさいうるさい!」もあります。でもシャナとは違う感じで新鮮です。
「ツンデレ百人一首」で百の役柄を演じ分けただけあって、さすがだなぁと思わせられます。

妹萌えの人が一番期待しているのはこういう内容でないかな。よく言えば理想的、悪く言えば無難。個人的には一番オススメ。

(「遥」編)
『妹にまとわりつかれて眠れないCD』遥(CV:小清水 亜美)
小清水亜美でよかったー。ぴったりの役でしたよ。しかし説教臭いと言うより説教そのものだと思うのですがこれ。フリートークでも「演じているうちにS心がゾクゾクしてきた」って言ってるくらいですんで、本当にこれはきついですわ。進路ネタだから尚更かなー。

(「芽衣」編)
『妹にまとわりつかれて眠れないCD』芽衣(CV:清水 愛)
「一番ちっちゃい妹」で、小学3年生。他の妹は中2~高3なので、大幅にちっちゃいですねw

  • 由梨香=中2
  • 静香=中3
  • 友紀=高1
  • 遥=高2

年相応で、確かにこのくらいの年の子ってこういう感じだったなぁと。正直私は子供が苦手なんで、実際うるさくて耳障り。眠れないCDシリーズで、自分の意志で聞いているからいいけど、現実だったらうざいなぁ。

もっともフリートークによると「うざく演じてください」という指示があったそうなので、これは非常に出来がいいと言う事なんでしょうw

(「友紀」編)
『妹にまとわりつかれて眠れないCD』友紀(CV:斎藤 千和)
「スポーツ好きな妹」と言われて二次元的に考えるとこういう妹が浮かぶよね、っていう典型。悪態も聞けるw ので、演技の幅が広い斉藤千和が活きる脚本だったと思います。

(「静香」編)
『妹にまとわりつかれて眠れないCD』静香(CV:中原 麻衣)
個人的に中原麻衣は一生懸命で健気な役が上手いなぁと思っていたので、安心して聞ける一作。泣きまくって照れまくって微笑ましくなる感じ。ま、食べ物をひっくり返したりしているので、現実だったらカチンとくるかもなぁ(笑)
妙な叫び声の連発が聞き所w

今回も買って良かったと思える出来で満足です。値段も2000円と納得できる範囲なので、ちょっと聞いてみようかな、という方は是非。

妹にまとわりつかれて眠れないCD Music 妹にまとわりつかれて眠れないCD

アーティスト:釘宮理恵,小清水亜美,中原麻衣,斎藤千和,清水愛
販売元:EDGE RECORDS
発売日:2008/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

HAND MAID メイ TV-BOX DVD HAND MAID メイ TV-BOX

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 天袋に赤の他人が住んでいた話 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年5月30日) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/21271087

この記事へのトラックバック一覧です: 「妹にまとわりつかれて眠れないCD」の感想:

« 天袋に赤の他人が住んでいた話 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年5月30日) »