最近のトラックバック

« カシオ日立がW-CDMA端末参入 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年4月23日) »

「理由」を聞かないマスコミ達

「主文後回し」に肩透かしをくらったテレビ局 -ITmedia オルタナティブ・ブログ

本日正午過ぎに「山口県光市の母子殺害事件」の判決が出ました。結果は、世論および各方面の予想通り、極刑の死刑との判決でした。事件そのもの、裁判制度、そして弁護士のモラル等に関して様々な側面で注目を浴び、論議の対象となった事件でしたが、司法的には一件落着でしょう。
(中略)
さて、それよりも本日興味深かったのは、10時から開廷された判決言い渡しでした。なんと主文は後回しということで、通常では主文(判決)の言い渡しが先に行われ、そのあとに論旨の展開が行われますが、テレビ各局は肩透かしを食らった状態でした。番組構成上も、10時から法廷で主文が言い渡され、若干の解説を加えて他の番組へ移行という流れを想定していたようですが、さぞ編成・構成側も困ったものと思います。

裁判官の意図はわかりませんが、「皆さん判断した内容をしっかり聞いたうえで、判決を受け止めてください」ということでしょうか。それとも、マスコミの過剰な速報・報道(判決理由を聞く前に主文に対して解説を加えてしまう)へのけん制でしょうか。その意図も気になるところです。

「主文後回し」は時々あると思いますが、大抵極刑ですね。被告人に理由を聞く時間を与えるためだそうで。

しかし、確かにこの手の裁判報道は主文を読むなり記者が退廷してダッシュ、そしてマイクを取って「死刑です!死刑判決です!」とかなんとか騒ぐのが目に浮かびますが、裁判官から見たらこれほど失礼なことはないのではないかと。

「主文を読むなり記者が退廷してダッシュ」というのは、良く言えば速報性重視なんでしょうけど、「結論さえ聞けば理由なんかどうでもいい」と言っているのと同じ。

もう少しマスコミも良識を持って…無理かw

« カシオ日立がW-CDMA端末参入 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年4月23日) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/20481056

この記事へのトラックバック一覧です: 「理由」を聞かないマスコミ達:

« カシオ日立がW-CDMA端末参入 | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年4月23日) »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ