« ココロのひみつ日記(2008年4月29日) | トップページ | 自称グラビアアイドル(30)、「自称22歳」を証明できず »

これぞ捏造大陸

<チベット>CCTVニュース番組で「反省の言葉を述べる拘留中のチベット人」―中国 -@niftyニュース(提供:Record China)

2008年4月27日、国営中央テレビ(CCTV)夜7時のニュース番組「新聞聯播」で、先月14日のチベット騒乱で拘束された2人のチベット人が、自らの不法行為を反省し、悔い改める様子が放送された。新華ネットが伝えた。

嘘くさいな…。

「善悪の区別がつかず、国や社会に害を及ぼし、申し訳ございませんでした」―涙ながらにこう語るのは、19歳のチベット人女性、貢桑拉姆さん。騒乱への参加については「悪い人の命令で、強制参加させられた」と訴え、「80歳を超える祖父は旧チベット社会で大変な苦労をしたが、今は安定した暮らしが出来るよ うになった。兄も何不自由なく義務教育を受けることができた」と政府に対する感謝の気持ちを口にした。

もう1人は24歳の男性、扎西多吉 さん。「社会の安定や民族の団結、そして北京五輪に悪影響を及ぼし、心から反省しています」と謝罪。騒乱当日は「悪い人から脅されたため、参加せざるを得 なかった」と訴えた。さらに、「今後は2度と悪い人に騙されず、政府の素晴らしい政策に感謝するよう、仲間にも訴えていきたい」と反省の弁を述べた。

なんぞこれw
明らかに「言わされています」って感じの台詞。っていうか、どう考えても言わされているとしか思えない訳ですが、言わせる方ももう少しひねれよw

10000...(以下略)歩譲って仮に、争乱(とも言いたくないが)に参加したことを反省しているにしても「政府に関する感謝」とか「政府の素晴らしい政策に感謝するよう、仲間にも訴えていきたい」とかまでは言わないでしょうよ。せいぜい「騒ぎを起こしてすいませんでした」くらいではないかと。

そして二人とも「悪い人に脅された」という台詞が入っていますね。どうしてもこの一連の抗議活動は自発的なものではなく、ごく一部の人間のせいであると言うことにしたいらしい。

今目立っている聖火リレーへの抗議行動…そもそも「聖火リレー」は1936年、ナチス政権化のドイツでのベルリンオリンピックで始まったもので、権力の誇示のために行われたもの。これまで何となく続いてきたけれど、今回のようにまさにその「本来の意義」を地で行かれてしまうと、さすがにその存在自体を疑わなければならないのではないかと。

膨張中国—新ナショナリズムと歪んだ成長 中公新書
販売元:タワーレコード @TOWER.JP
タワーレコード @TOWER.JPで詳細を確認する

« ココロのひみつ日記(2008年4月29日) | トップページ | 自称グラビアアイドル(30)、「自称22歳」を証明できず »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/20652601

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ捏造大陸:

« ココロのひみつ日記(2008年4月29日) | トップページ | 自称グラビアアイドル(30)、「自称22歳」を証明できず »