« 24時間戦えません。 | トップページ | Palmの解説本もらいました »

個人でもFOMA/無線LAN端末が買えるようになる

FOMA/無線LAN両対応の個人向け端末、ドコモが5~6月にも発表 -ITpro

NTTドコモは2008年5~6月にも、第3世代携帯電話「FOMA」の個人向け新サービスとして、家庭内の無線LAN経由で音声通話やパケット通信を可能にする「ホームエリア向けサービス」を提供する。同サービス向けとして、FOMA網と無線LANの両方の通信モジュールを内蔵した端末を、個人向けとして新たに提供する。
(中略)
家庭に敷設した光ファイバーなどのブロードバンド回線に無線LANルーターを設置することで、FOMA/無線LAN両対応端末と通信可能にする。家庭内では無線LAN経由で通信し、屋外ではこれまで通りFOMA網で通信する。音声通話、パケット通信のいずれも無線LAN経由で可能にする予定。

無線LAN対応携帯電話はドコモのN902iLやauのE02SAがあるけど、どちらも法人向けで個人は入手困難だったのが、これで少しは希望が見えたか?

同社はサービスの詳細を明らかにしていないものの、ホームエリア向けサービスの収益源として「サブスクリプション収入」を挙げており、同サービスの利用時に月額の利用料を徴収する方向で検討しているようだ。

元記事に「ホームエリア向けサービス」のイメージ図が載っていますが、それを見た限りでは外部(FOMA網)から家庭内LANにアクセスする場合に課金するつもりらしい。家庭内LANで金取るのかよ、という風にならないといいけど。

トラフィック軽減の意味もあるんだからすぐに課金するという発想は勘弁して欲しい。

« 24時間戦えません。 | トップページ | Palmの解説本もらいました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/20592484

この記事へのトラックバック一覧です: 個人でもFOMA/無線LAN端末が買えるようになる:

« 24時間戦えません。 | トップページ | Palmの解説本もらいました »