« ドコモ、iモードメールをPCでも利用可にするも有料 | トップページ | SBM版らくらくホンはデザインまでそっくり »

SO端末終了?ただしソースは日経w

ソニエリ、ドコモ向け携帯電話の商品化計画を見直し -ITmedia +D mobile

三洋電機、三菱電機など、家電大手が携帯電話開発事業からの撤退を決める中、ドコモとau向けに端末を開発するソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズも、ドコモ向け端末の開発について、見直しを図っていることが分かった。

同社はau端末についてはこれまで通り開発を進めるが、ドコモ向けの端末開発については、「市場環境や開発リソースを鑑みて、見直しを図る」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ広報)としている。ただ、一部で報道された“他社のOEMを受けて投入を継続する”“今夏を最後にドコモ向け端末の投入を終了”という内容については「決定事項ではない」(同)という。

日経が第一報だったようですね。日経は「飛ばし記事」が多いので鵜呑みには出来ないと思ってますが、「日経がすっぱ抜きする→相手が否定する→しばらくして記事が現実になる」が多いのも事実。ちょっと検索してみただけでも、

日経新聞は(2005年6月)7日付朝刊で「アップルが8月上旬に日本国内でiTMSを提供する。エイベックス・グループ・ホールディングスや東芝EMIなど主要な国内レ コード会社がiTMSサービスに楽曲を提供することで合意した」と報じた。一方で、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)とアップルは「合意 に至っていない」としている。国内版iTMSのダウンロード料金は1曲につき約150円と予想した。 (INTERNET Watch→該当記事

アップルコンピュータは7日、「8月からiTunes Music Store(iTMS)を日本で提供」と日本経済新聞社が報じた件について「取材を受けた事実はない」と述べた。

アップルコンピュータは(2005年8月)4日、音楽配信サービス「iTunes Music Store」を日本で開始すると発表した。提供する楽曲の90%を1曲150円で、残り10%を200円で販売する。(INTERNET Watch→該当記事

2007年11月30日には“JR東とANA提携・・・「ANA Suicaビューカード」発行”の記事が載り、JR東日本は「提携に向けて協議しておりますが、まだ正式に決定したわけではありません」と発表するも、2007年12月7日にはJR東日本と全日空が包括提携、「ANA Suicaカード」発行を発表。

ここまでは当たりだった例。しかし飛ばし記事が横行する日経ではこんな誤報もやらかしてはいます。

  • コムスンが介護事業を譲渡するに当たって日経は“東京はジャパンケアサービス、大阪はニチイ学館に売却される見通し”と報道、蓋を開けたら東京は当たりだったものの、大阪は日本ロングライフでハズレ。
  • 2006年5月13日には“ソフトバンク、携帯電話事業でAppleと提携へ、年内に提供予定”と載せるも、2008年3月10日現在でそのような動きは発表されず。
  • 2005年9月16日、“ソニー、金融事業売却へ・本業再生へ抜本改革、ソニー生命やSo-netも売却対象”。これもハズレ。

しかし今回の「ソニエリがドコモから撤退、auは“当面”継続」と言うのは確度が高そう。905シリーズは好調のようですが、SO905iは「もっさり」がひどく、905シリーズでもダントツの不人気。70xシリーズでもSO703i(「アロマケータイ」)、SO704i(「イルミ着せ替えケータイ」)が売れたという話は聞きません。SO705iはN705iにキーレイアウトや寸法等が酷似していて、NECからのOEMであるとのもっぱらの噂。

国内携帯電話端末市場は昨今のインセンティブ縮小による実質的な値上がりにより、ユーザーの選択眼も厳しくなり、より確実である意味保守的な端末選びになっている中、ソニエリみたいな良くも悪くも個性的なメーカーは居づらくなってしまうのは確か。

最近SO端末で流行の「+JOG」はW53Sで使ってみたことがありますが、確かに選択は素早く行えるけど、十字キーの中に組み込まれた分小さくなって、決定キーとして使うのは辛い、と思ってました。

「ジョグ信者」と言われる人にとってはW21Sが最高とされてますが、その後W53Sまでジョグが消えていたのは、ジョグでは十字キーを必要とするゲームが出来ないという弱点があり、それを解決した+JOGが出るまで実用化出来なかったというのもあります。これもまあ携帯電話でTVを見たり、ゲームをしたがる日本のケータイ文化ゆえでしょう。

本当は国内向けから一気に撤退したいけど、ソニーがauと提携してしまった以上、しばらくはおつきあいを続けなければならないという事情で、“当面”(=嫌々)継続なんですかね。

個人的にはSOはまあお疲れ様でした、かな。それよりは未だ噂の域は出ないものの、カシオ(カシオ日立)がドコモに端末を供給するらしい、という話に期待してます。

« ドコモ、iモードメールをPCでも利用可にするも有料 | トップページ | SBM版らくらくホンはデザインまでそっくり »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/11156355

この記事へのトラックバック一覧です: SO端末終了?ただしソースは日経w:

« ドコモ、iモードメールをPCでも利用可にするも有料 | トップページ | SBM版らくらくホンはデザインまでそっくり »