« F884i(らくらくホンプレミアム)は劣化F905i | トップページ | ドコモがソフトバンク版らくらくホンに仮処分申請 »

バリューコース対応のらくらくホンは機能はそのまま

ドコモ、らくらくホンシリーズのバリューコース対応モデル -ケータイWatch

NTTドコモは、バリューコース対応の「らくらくホンIV」として、「らくらくホンIVS」を開発、4月に発売する。また、らくらくホン ベーシックのバリューコース対応版「らくらくホン ベーシックS」も5月に発売する。

プリインストール待ち受け画像の追加と外装色の変更のみで、機能面は従来機と一緒。まさに「バリューコース対応モデル」というだけで、それ以上でもそれ以下でもないというところです。

まあ、バリューコース適用の条件が「905i以降」なので、こうした形で出すのがもっとも早くて安上がりだったと。バリューコースは現在400万契約を超えたそうなので、そこを上手くアピールすれば、「ドコモはauより高い」という誤解を解くには役立ちそう。そういう意味では非常に戦略的なモデル。

« F884i(らくらくホンプレミアム)は劣化F905i | トップページ | ドコモがソフトバンク版らくらくホンに仮処分申請 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/11460432

この記事へのトラックバック一覧です: バリューコース対応のらくらくホンは機能はそのまま:

« F884i(らくらくホンプレミアム)は劣化F905i | トップページ | ドコモがソフトバンク版らくらくホンに仮処分申請 »